シェアする

アルファード ヴェルファイア新型へ!今年後半から2018年にマイナーチェンジ

シェアする

人気記事
スポンサードリンク

エクステリア変更

ヴェルファイア

アルファード

前後のバンパー形状の変更やグリルの形状変更、テールランプの変更、LEDシーケンシャルターンランプ流れるウインカー)の追加、アルミホイールデザインの変更が予想されています。

エクステリアの情報はまだ出てきておりませんが、新型ハリアーでも外観の変更があまり変化がなかったので、現状維持ではないかと思われます。

スポンサードリンク

新型モデルの価格は?

値上げ

安全装備やエクステリアの一部変更、室内快適性の向上などにより、現行価格よりも15万円~25万円程度上がるのではないかと予想されます。

トヨタセーフティセンスPは、全車標準装備になると予想されるので値上がりは確定でしょうね。

大きな値上げにならなければいいのですが・・・

スポンサードリンク

現行モデルの買取価格情報

現在の買取価格ですが、海外、国内ともに厳しい状況が続いています。

特にヴェルファイアは、海外でアルファードの廉価版として販売されているため下落傾向にあります。

今までは、アルファードよりもヴェルファイアの方が高値で取引されていましたが、逆転してきていますね。

これも需要と供給の関係で、どうなるか分かりませんが今は微妙な時期だと思われます。

売却される方は、時期をよく見て検討してくださいね。


アルファード・ヴェルファイアについてあわせて読みたい記事はコチラ
アルファード、ヴェルファイアの並行輸入車 がタイで大人気!新型ヴェルファイア の画像有り!?

アルファード、ヴェルファイアマイナーチェンジ迄に知らないと損するかも

リセールバリュー(残価率)の高いクルマランキング

スポンサードリンク