トヨタ ヴェルファイア(アルファード)のマイナーチェンジ情報の内部資料が流出!!スタッフマニュアルは?改良点は?発売日は?

シェアする

人気記事

トヨタ自動車が製造販売を行っている大人気ミニバンの「アルファード(ALPHARD)」、「ヴェルファイア(VELLFIRE)」のマイナーチェンジ確定情報を入手しました。

それでは、確定情報についてご紹介させて頂きます。


あわせて読みたい日産・エルグランドに関する記事はこちら
日産 新型エルグランド フルモデルチェンジ!

マイナーチェンジの日程は?

アルファードヴェルファイアマイナーチェンジMC)スケジュールについてご案内します。

トヨタ販売店の担当者向けのスタッフマニュアルの配布は、2017年10月中旬より配布が開始される予定になっています。

トヨタ販売会社の上層部への配布は、2017年9月末に正式案内されるようです。

初期ロットは、2018年1月8日(月)より生産開始となる予定になっています。

但し、エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)については、2018年4月よりの生産開始になるようです。

2018年1月16日に公式発表され、2018年1月20日及び、1月21日に店頭発表が行われる予定になっています。

公式発表日が、2017年12月25日クリスマスに前倒し記者発表されることになりました。

トヨタ販売店への初期配車については、各店舗に対して1台配車される予定となっているようです。

スポンサードリンク

マイナーチェンジのポイント

大胆不敵な力強さを残し、クール且つ、モダンなデザインを採用。

次世代型トヨタセーフティセンスToyota Safety Sense)を全車へ採用。

ヴェルファイアというブランドに、更なる磨きをかけ、ネッツ店を代表とする専売車種として商品価値の強化を図る。

スポンサードリンク

エクステリア

バンパー及び、フロントグリルの形状、デザインを変更し、クール且つ、モダンなデザインを採用することでイメージチェンジを図るようです。

リアガーニッシュ、リアコンビネーションランプの形状、デザインを変更し、シャープな印象を表現するようです。

Executive Loungeに、エアロ仕様を追加されます。

更に、ハイブリッドにエアロ仕様のベースグレードとなる「Zグレード」を新規設定するようです。

シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)は、メーカーオプションにて設定可能。

17インチアルミホイールの意匠変更が行われるようです。

スポンサードリンク

ボディカラー

今回のマイナーチェンジに於いて、下記の新色のボディカラーが追加され全7色選択できるようです。

  1. ダークレッドマイカメタリック(3Q3)※新色・エアロボディ専用
  2. スティールブロンドメタリック(4X1)※新色・標準ボディ専用
  3. グラスファイトメタリック(4X7)※新色

上記、新色が追加されることで前期モデルにあった下記のボディカラーが廃止されます。

  1. シルバーメタリック
  2. グレーメタリック
  3. グレイッシュブルーマイカメタリック

インテリア

Executive Lounge専用の「セミアニリン本革」から「プレミアムナッパ本革」へと変更されるようです。

また、Executive Loungeエアロ仕様には、「ホワイトレザー本革」がメーカーオプションにて選択可能となります。

前期モデルの「Vグレード」、「ZA-Gグレード」、「Z-Gグレード」、「ZRグレード」のシートは、「ファブリック+合成皮革」から「合成皮革」へと素材変更されるようです。

また、前期モデルの「Xグレード」、「Zグレード」、「Z-Aグレード」のファブリックシートには、上級グレードに採用されていたファブリック素材へとアップグレードされるようです。

インテリアパネルに使用されていた「木目調パネル」のデザインが変更されるようです。

次に、次世代型トヨタセーフティセンスについてご紹介します。