日産 新型エルグランド フルモデルチェンジ!ハイブリッド? 電気自動車? 自動運転は?

シェアする

人気記事

日産自動車が1997年より製造販売している高級ミニバンELGRANDエルグランド)」が2ようやくフルモデルチェンジされるようです。

現在、販売されているE52エルグランドは、2010年8月から販売されており今年で7年目になります。

度重なる一部改良とマイナーチェンジにより高級感を増して販売されていますが、競合車の「アルファード」、「ヴェルファイア」の圧倒的な販売台数に負けてしまっています。

激減した販売台数に歯止めを掛け、更にミニバン王者の座に昇りつめるためフルモデルチェンジを行います。


あわせて読みたいライバル車の記事はコチラ
アルファード、ヴェルファイアマイナーチェンジ迄に知らないと損するかも

E52エルグランドのエンジンは?

現行モデルには、「VQ35DEエンジン」、「QR25DEエンジン」を搭載しています。

エルグランド用にチューニングしなおしたVQ35DEエンジン。

徹底した低フリクション化と低回転から高回転まで気持ちよく回るエンジン特性により、街乗りから高速走行まで胸のすくような走りを披露します。

また、バルブ制御により低回転域ではジェントルに、高回転域ではスポーティな排気音となり、心が躍るような加速音も実現しています。

VQ35DE ENGINE
最高出力:206kW(280PS)/6400rpm
最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)/4400rpm

QR25DEエンジンは、低速からの厚いトルクを発生させるエンジン特性を生かしながら、徹底した低フリクション化を図ることで、極低速からでも素早いアクセルレスポンスを実現。

トルクフルなのにスムースで軽やかに吹け上がるエンジンです。

QR25DE ENGINE
最高出力:125kW(170PS)/5600rpm
最大トルク:245N・m(25.0kgf・m)/3900rpm

スポンサードリンク

E53新型エルグランゴのエンジンは?

E53新型エルグランドに搭載されるだろうと思われるエンジンですが、今流行りの「ダウンサイジングターボエンジン」を搭載する可能性があります。

日産の海外ブランド「INFINITY(インフィニティ)」のV6エンジンに代替される「可変圧縮比ターボエンジンVC-T」の搭載が開始されると噂されています。

  • 可変圧縮比ターボエンジンVC-Tのスペック
    直列4気筒 2.0L ガソリンターボエンジン
    最高出力:270ps
    最大トルク:39.8kgm

また、「ハイブリッドエンジン」や「e-POWERシステム」の搭載の可能性も出てきております。

  • エクストレイルハイブリッドに搭載される「1モーター2クラッチ方式」が採用される可能性が高い。

  • ノートに搭載された「レンジエクステンダーEVハイブリッドシステム」を採用した「e-POWERシステム」を採用する可能性もありますが、コスト的に合わないため採用される可能性は低いと考えられます。

新型のエルグランドでは、「ダウンサイジングターボ」、「ハイブリッド」または、「e-POWER」のラインナップになりそうです。

スポンサードリンク

自動運転機能の搭載は?

次期エルグランドには、「プロパイロット」が搭載されるのは確実視されていますね。

現在のプロパイロットの進化版にあたつものが搭載されるでしょうね。

2018年には、「プロパイロット1.0」→「プロパイロット2.0」へのバージョンアップが予想されてます。

  • プロパイロット2.0の機能
    ・追従式クルーズコントロール
    ・歩行者対応自動ブレーキ
    ・踏み間違い衝突防止アシスト
    ・進入禁止標識検知
    ・危険回避
    ・車線変更
    ・複数レーンでの自動運転技術

「プロパイロット2.0」になることで、更なる自動運転が可能になると思われます。

自動運転技術が進化することで楽に旅行できるようになりますね。

スポンサードリンク

ヴェルファイア・エルグランド室内寸法比較

大型高級ミニバンに求められるのは、豪華で快適な室内空間ですよね。

そこで、トヨタ自動車のヴェルファイアと日産自動車のエルグランドの室内寸法の比較を行ってみました。

  • ヴェルファイアの室内寸法
    ・室内長:3,210mm
    ・室内高:1,400mm
  • エルグランドの室内寸法
    ・室内長:3,020mm
    ・室内高:1,300mm

上記の室内寸法を見て頂いても分かりますが、エルグランドの方が狭いですね。

インテリアの豪華装備については、両車両とも負けず劣らずといったところでしょう。

エルグランドのインテリア

ヴェルファイアのインテリア

あとは、シートアレンジがポイントになりそうですね。あなたの好みはどちらですか。

フルモデルチェンジについてのウワサ

E53新型エルグランドですが、予想では2018年から2019年にかけてフルモデルチェンジされると言われています。

しかし、現時点での情報が少ないため最悪の場合、2020年頃までフルモデルチェンジされない可能性もあるようです。

2020年といえば、トヨタ自動車の「アルファード」や「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジ時期と重なりますね。

敢えて、トヨタ自動車に対抗する戦略であれば、2020年になるかもしれませんね。

最新情報が入り次第、お伝えさせて頂きます。


あわせて読みたいライバル車の記事はコチラ
アルファード、ヴェルファイアマイナーチェンジ迄に知らないと損するかも