トヨタ マークXGR-Sの発売日が決定!!エクステリアは?パワートレインは?

シェアする

人気記事

トヨタ自動車が製造販売を行っている高級セダンマークX(markX)」を「GAZOO Racing」がカスタマイズした「マークXGR-S」が発売することが決定したと情報が舞い込んできました。


あわせて読みたいトヨタ・プリウスPHVGRに関する記事はこちら
トヨタ プリウスPHVからGRモデルが発売!?

マークXとは?

「マークX」は、トヨタ自動車から以前に販売されていた「マークⅡ」の後継車種になります。

トヨタ自動車としては珍しく「ティザー広告」にて購買意欲を掻き立てるような宣伝を実施したこでも話題になった車種になります。

生産工場は、岩手県金ケ崎町にある「トヨタ自動車東日本」の「岩手工場」と「トヨタ自動車」の「元町工場」が担当しています。

販売店は、「トヨペット(TOYOPET)」が受け持っています。

東京地区のみ「東京トヨタ」にて販売されています。

スポンサードリンク

車名の由来

英単語で、「目標」、「成功」、「名声」という意味する「MARK」と「次世代」、「未知の可能性」を意味した「X」とを組合せて名づけられたのが由来となっています。

スポンサードリンク

初代マークX GRX120

前期型

後期型

こちらが、2004年に誕生した「初代マークX」になります。

ゼロクラウンと同じプラットフォームを採用しています。

高級セダンのイメージを持ちつつスポーティーなセダンとして売り出されていました。

エンジンは、「2.5L V型6気筒DOHCエンジン(4GR-FSE型)」、「3.0L V型6気筒DOHCエンジン(3GR-FSE型)」が搭載されていました。

サスペンションは、フロント側が「ダブルウィッシュボーン」、リア側が「マルチリンク」を採用していました。

このモデルは、2004年から2009年まで製造販売されていました。

スポンサードリンク

2代目マークX GRX130

前期型

中期型

後期型

こちらが、2009年にフルモデルチェンジされた「2代目マークX」になります。

スポーツ高級セダンとしてデザインの刷新されたが、プラットフォームは初代と同じものを採用されています。

エンジンは、「2.5L V型6気筒DOHCエンジン」、「3.5L V型6気筒DOHCエンジン」、「3.5L V型6気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン」を搭載しています。

サスペンションは、フロント側が「ダブルウィッシュボーン」、リア側が「マルチリンク」を採用していました。

このモデルは、2009年から現在も製造販売されています。