シェアする

レクサス CTがマイナーチェンジでカッコいい新型CTへ!!エクステリアは?安全装備は?価格は?

シェアする

人気記事

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサスLEXUS)」が製造販売を行っているコンパクトハイブリッドカー「CT200h」が、2017年8月24日にマイナーチェンジされました。

改良点等を簡単にご紹介させて頂きたいと思います。


あわせて読みたいレクサス・RXに関する記事はこちら
レクサス新型RX450hLがマイナーチェンジ!!

スポンサードリンク

レクサスCTとは?

「CT200h」は、2010年に開催された「第80回ジュネーブモーターショー」にて初披露された「コンパクトハイブリッドカー」になります。

日本国内での販売は、2011年1月12日にスタートしています。

欧州では、日本よりも少し早い2010年後半より先行販売され、アメリカでの販売は、日本発売よりも少し遅れた2011年春頃より販売スタートされました。

車両の生産拠点は、「トヨタ自動車九州」が担当しています。

スポンサードリンク

車名の由来は?

「CT200h」の車名ですが、「Creative Touring vehicle」の「CT」と、2.0Lエンジンを搭載しているので「200」と、「HYBRID」の「h」を組合せたのが車名の由来となっています。

スポンサードリンク

初代CT200h

エクステリア

画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

インテリア

画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

車両サイズ

全長: 4,350 mm

全幅:1,765 mm

全高: 1,430 mm

ホイールベース:2,600 mm

車両重量:1,400 ~ 1,460 kg

パワートレイン

タイプ:1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE型)

排気量:1.797L

内径×行程:80.5mm×88.3mm

圧縮比:13.0

モーター:交流同期電動機(3JM型)

次にマイナーチェンジ後の「新型CT200h」をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク