シェアする

トヨタ アルファードを光岡自動車が改造しアルファードフュージョンを発表!!エクステリアは?インテリアは?価格は?発売日は?

シェアする

人気記事

画像引用元:http://toyota.jp/alphard/

トヨタ自動車」が製造販売している大人気ラグジュアリーミニバンアルファードALPHARD)」を「光岡自動車」が改造し造られた新型霊柩車アルファードフュージョン」が発売されるそうです。


あわせて読みたいトヨタ・アルファードに関する記事はこちら
トヨタアルファード特別仕様車 “TYPE BLACK(タイプブラック)”が大人気!!

スポンサードリンク

光岡自動車とは?

光岡自動車は、1968年2月に、「光岡進」氏により富山県富山市に創業しました。

創業当時は、馬小屋にて「板金」、「塗装」、「整備」を行いながら、「中古車販売」を行っていました。

当時は、「中古車販売」を手がけている会社がなく、光岡自動車が、中古車販売ビジネスの先駆けとなっていたそうです。

1979年に法人化し、1982年2月には「BUBUシャトル」という50ccエンジンを搭載した「ゼロハンカー」を販売開始しました。

その後、「タカオカ自動車工芸」に開発業務を委託し「ゼロハンカー」シリーズを展開していいったようです。

1985年の新道路交通法の改正を受け、主力製品であった「ゼロハンカー」の運転が自動二輪車免許及び原付免許でできなくなったせいで、工場を閉鎖しました。

工場閉鎖後、アメリカ車の並行輸入販売業へ転換しました。

ロサンゼルス視察の際に持ち帰った「フォルクスワーゲン」の「タイプ1」を改造した「光岡・BUBUクラシックSSK」を1987年に発表した。

その改造技術が、「ラ・セード」「ビュート」などの開発に貢献したそうです。

「ニア・セブン」と呼ばれる「ロータス・セブン」のレプリカ車である「ゼロワン」を1994年に発表しました。

このレプリカを発表したことで、「国産自動車メーカー」として認可されました。

その後、「優雅(ユーガ)」、「凌駕(リョーガ)」、「我流(ガリュー)」という「パイクカー」の販売を継続し発表していったそうです。

2001年には、「大蛇(オロチ)」という独特なデザインで話題となったクルマで「東京モーターショー」に初出展しました。

2003年、2005年にも「東京モーターショー」に出展してる。

2010年には、電気自動車「雷駆(ライク)」を発表。

スポンサードリンク

光岡自動車が販売する車

ビュート

Viewt なでしこ

ビュート フレンチマカロン

ヒミコ

リューギ

リューギワゴン

我流(ガリュー)

スポンサードリンク