ランドクルーザー200 2017年9月に 一部改良 マイナーチェンジ情報 を 独占入手!!

シェアする

新着記事
人気記事

2007年よりトヨタ自動車が製造販売している「ランドクルーザー200」が2017年に一部改良されるようです。

現行モデルは、2009年、2011年、2013年、2015年にマイナーチェンジおよび一部改良が施されています。

今回の一部改良で、なんと5回目の改良となります。

一部改良の詳細やスケージュール等を今回はご紹介したいと思います。


レクサスの高級SUV「LX570」はコチラ
レクサスの最高級SUV車のLXが大人気でバカ売れ中!!

レクサス LX570 新型 は 5人乗り を追加し 一部改良!発売時期は?価格は?

Sponsor Link

一部改良の概要


トーイングヒッチをメーカーオプション(MOP)設定追加

アウターミラーオート電動格納機能を新規設定

パワーイージーアクセスシステムを新規設定

内張やシートにベージュ色を採用

スマートキーの形状を変更し、シルバー加飾を施し高級感を増強

Sponsor Link

発売までの日程

トヨタ車体にて、2017年8月1日より生産を開始します。

記者発表および発売日については、現時点では未定となっています。

店頭発表日についても現時点では未定となっています。

Sponsor Link

一部改良箇所について

現行モデルには、トーイングヒッチをオプション設定されていませんが、今回の一部改良にて、メーカーオプションに新規設定されます。

トーイングヒッチとは、トレーラー等を牽引するための連結装置のことです。

メーカーオプションで選択した場合、3.5トン以下であれば牽引可能です。



アウターミラーオート格納機能は、今回の一部改良にて「AX」グレード以上に標準装備されます。

アウターミラーオート格納機能とは、開錠および施錠時にアウターミラーが自動で開閉する機能のことです。


パワーイージーアクセスシステムについては、「ZX」グレードのみに標準装備されます。

パワーイージーアクセスシステムとは、運転席が自動でスライドしスムーズな乗車が可能にするためのシステムです。


現行モデルでは、内張りシートに「フラクセン」を選択可能ですが、今回の一部改良にて「フラクセン」が廃止されます。

廃止されるにあたり、新色として「ベージュ」を新規設定されます。


スマートキーについても、現行形状から変更され高級感を増すためにシルバー加飾されます。

形状については、アルファードやヴェルファイアのスマートキーの形状になり、裏面に「Land Cruiser」と車名が刻まれています。


Sponsor Link

まとめ

今回は、ランクル200の一部改良情報を独占入手しお伝えさせて頂きました。

画像などが出回っていないため、現行モデルやトヨタ自動車の他社の画像で分かりやすくさせて頂いたつもりです。

今回の一部改良では、価格が値上がりしないのではないでしょうか。

今、購入を検討されている方のお役に立てればと思います。


レクサスの高級SUV「LX570」はコチラ
レクサスの最高級SUV車のLXが大人気でバカ売れ中!!

レクサス LX570 新型 は 5人乗り を追加し 一部改良!発売時期は?価格は?

Sponsor Link