レクサスの最高級SUV車のLXが大人気でバカ売れ中!!

シェアする

人気記事

レクサス(LEXUS)の歴史


レクサスとは、1989年にアメリカ市場向けのトヨタ自動車最高級ブランドとして開始されました。
1989年当初は、日本で「レクサス(LEXUS)」はブランド化されませんでした。
時が経ち、2005年に日本でも「レクサス(LEXUS)」が正式に設立されました。


スポンサードリンク

レクサスLXの概要から歴史

レクサスLXとは、トヨタ自動車の「ランドクルーザー」の強固なフレームを持ち、オフロード走行を可能にした最高級SUV車である。
レクサスLXは、レクサスのSUV車(LXRXNX)の中で最上級最高級のモデルです。


スポンサードリンク

初代「LX450」(1996年-1997年)FZJ80


初代LXは、ランドクルーザー(ランクル80)をベースに開発された「LX450」になります。
日本では未発売の車種になっています。
ランクル80の外観に、フロントグリル・ヘッドライト・ドアパネル・サイドステップ・リアバンパーを変更し、内装も本革シートを標準装備し、レクサスの豪華な仕様で発売されました。

全長 4820mm ✕ 全幅 1930mm ✕ 全高 1850mm 車重 2100kg

現在の販売相場:逆輸入車で約350万円(本日付)


スポンサードリンク

2代目「LX470」(1998年-2007年)UZJ100


2代目LXは、1998年にランドクルーザー(ランクル80)が「ランクル100」へとフルモデルチェンジされました。
ランクルのフルモデルチェンジに伴い、「LX450」もランクル100をベースに「LX470」へとフルモデルチェンジされました。
当時も「レクサス」がブランドとして設立されていなかったため、「LX470」の日本仕様として「ランドクルーザーシグナス」として販売されていました。

「ランドクルーザーシグナス」とは、レクサスの「LX470」の外観・内装とほぼ同じ仕様で、エンブレムトヨタマークに変更しただけの車種であった。

全長 4890mm ✕ 全幅 1940mm ✕ 全高 1850mm 車重 2535kg

現在の販売相場:約250万円程度(本日付)


3代目「LX570」(2007年-)URJ200


3代目LXは、2007年にランドクルーザー(ランクル100)が「ランクル200」へとフルモデルチェンジされました。
ランクルのフルモデルチェンジに伴い、「LX470」もランクル200をベースに「LX570」へとフルモデルチェンジされました。
「LX450」、「LX470」までは、ベースのランクルと同じエンジンの仕様であったが、今回の「LX570」は「ランクル200」とは全く異なる新開発されたエンジン「3UR-FE(5700cc)」を搭載しました。
2007年当初は、日本国内で販売されていませんでした。
2015年のマイナーチェンジの際に、やっと日本国内でも販売が開始されました。

全長 5065mm ✕ 全幅 1980mm ✕ 全高 1910mm 車重 2720kg

現在の販売相場(マイチェン前):約500万円 から 約800万円
現在の販売相場(マイチェン後):約1000万円 から 約1500万円


LEXUS SAFETY SYSTEM +の動画はこちら


まとめ

レクサスLX570は、世界最高峰SUVと呼ぶにふさわしい特別なクルマです。
非常に高級感漂う本物のラグジュアリーSUVなのです。
今までランクルに乗られていた方でも大変満足して頂けるクルマですので、予算さえあえば購入してみても良いかもしてません。