レクサスが経済発展著しいインド市場へデビューしたぞ!!

シェアする


2017年3月24日、レクサスが経済発展中のインド市場へ無事デビューしました。


インドでは、レクサス専門販売店が4ヶ所、アフターサービス施設も4ヶ所を新設されています。

Sponsor Link

レクサスインド法人の開設場所は?

販売店は、「ニューデリー」、「グルガオン」、「ムンバイ」、「ベンガルール」に開設します。

アフターサービス施設は、「チャンディーガル」、「ハイデラバード」、「チェンナイ」、「コーチ」に開設します。

Sponsor Link

開設時の取扱車種は?

インド市場で販売される車種はこちらの3車種がラインナップされています。


大人気のクロスオーバーSUVの「RX450h

高級ラグジュアリーSUV「LX450d
レクサスの最高級SUV車のLXが大人気でバカ売れ中!!


セダンの「ES300h


また2018年には、高級ラグジュアリーセダン「LSも販売されるようです。

レクサス新型LSが世界中で高評価を得ている最新サプライズ情報

Sponsor Link

レクサスならではのサービスは?


インドの富裕層に対して、専任セールスマネージャー制を導入し、尚且つ365日24時間体制で対応する「コールセンター」の開設し高品質なサービスを提供するそうです。

Sponsor Link

インド市場参入の目的


2016年12月にトヨタ自動車が、新興国小型車カンパニーを設立しインドを含む新興国に対して、小型車両の開発を行っています。

経済発展が著しい昨今のインド市場に「LEXUS」というブランドを敢えて投入し、インド市場で「高級車 = LEXUS」とイメージを高めたいという目的があるようです。

まとめ

経済発展の著しいインドで高級なレクサスに乗る富裕層の顔見てみたものです。
日本市場でも高価格帯の車種がいったい、インドではいくらで販売されるのかが気になります。
レクサスも初期販売する車種のラインナップが堅実すぎるように感じるのは私だけでしょうか・・・

Sponsor Link