シェアする

レクサス新型LSが世界中で高評価を得ている最新サプライズ情報

シェアする

人気記事
スポンサードリンク

今年1月に開催されたデトロイトショー2017で世界初公開されたレクサス新型LS。

スポンサードリンク

新型LSの概要

フォーマルセダンでありながら4ドアクーペのようなフォルムで仕上がっている。
インテリアには、日本の伝統美を取り入れられている。
次世代GA-LプラットフォームでLCと同じ仕様になっており、世界最先端の安全支援システムの採用などが注目の的となっている。

スポンサードリンク

技術者のコメント

新型LSを発表してからの反響をチーフエンジニアの旭利夫氏さんに聞いてみました。
様々な意見を頂戴していますが、ポジティブな意見が多い傾向のようです。


現行モデルのレクサスで採用されているスピンドルグリルは好き嫌いがありますが、
『レクサスのモデルの中で最高にバランスが取れている』、
『他のレクサス車はちょっと下品だけどLSはカッコいい』と高評価を得ています。

スポンサードリンク

気になるエンジンは

エンジンは、ハイパフォーマンスと圧倒的な高燃費を実現させ、V8ターボ並みの3.5LV6直噴ツインターボ+10速AT仕様となっている。

現行モデルLS600hの5L V8とモーターのハイブリッドに対し、新型LS500hは3.5L V6とモーターと自動変速機構を備えた「マルチステージハイブリッドシステム」を搭載した。

高級クーペLC500hと基本構成は共通だが、高級セダンに相応しい制御に仕上げられそうだ。

新型の駆動装置はガソリン車と同じく排気量を少しだけ上げる事によって適正化し、満遍なく燃費性能や環境性能を安定させる考え方です。

スペックだけで現行モデルと比較すると現行LSの方がいいように感じますが、新採用のGA-Lプラットフォームで軽量化されていますので、性能と燃費のバランスは現行モデルよりも大きく進化しています。

新型LSのエクステリアは

外部装飾には大きな変化はないが、後部ドア下部のエンブレムの「マルチステージハイブリッド」処理が異なり、リアバンパー回りが異なっている。

LS500(ガソリン車)はエキゾーストマニホールドを見せる意匠デザインになっているが、LS500h(ハイブリッド車)はあえて見せない意匠デザインにしている。

ボディ下部、ウィンドウ周りにメッキが多様されており、公式の場から社交の場においての需要もカバーできるようになっている。

新型LSのインテリアは

水平基調の洗練されたスペースの中に日本ならではの様式美を表現するために、高級車によく使用される木目やアルミ等の定番の原材料は極力使用せず、異なる方法を用いたと須賀厚一氏(チーフデザイナー)は話した。


日本の折り紙をヒントに、レクサスの「 L 」を表現したブリーツ状トリムに処理をしました。
職人の手によって1つ1つ丁寧に製作されており大量に量産することは難しいように感じた。

強化ガラスに特殊な塗装がされているため、衝突時等でも飛散防止策が施されており、高い安全性が確保されている。

新型LSの最新映像

2018 Lexus LS 500h – interior Exterior and Drive

新型LSの情報はいつ?

4月12日から開催されるニューヨークショー2017で、新型LSの次の秘密が発表されそうなので、非常に期待している。

スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。