トヨタ カムリにスポーツグレードCAMRY WSを追加と一部改良

シェアする

トヨタ・カムリ

トヨタ自動車TOYOTA)が、1980年より製造販売を行っている大人気セダンのカムリCAMRY)に、スポーツ仕様の新グレード「WS」を追加しました。

今回は、最新モデルのカムリWS(CAMRY WS)についてご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

車名の由来

今更ではありますが、カムリの車名の由来について前置きとしてご紹介させて頂きます。

カムリという車名は、日本語のカンムリが由来となっています。

スポンサードリンク

エクステリア

カムリWSのエクステリアは、専用パーツが装備されています。

フロントグリル、リアスポイラー、ブラック塗装の18インチアルミホイールが標準装備されています。

また、リア左側に2本出しマフラーカッターを装備しています。

フロントグリル・リアスポイラー

エッジの利いた活動的な意匠と気品ある上質感を両立。

走りの良さを感じさせるワイド感や低焦点を強調しながら、空力性能の向上にも貢献する専門意匠をフロントバンパーやリヤスポイラーなどのエクステリアに採用しています。

18インチアルミホイール

切削光輝処理と黒色づけのコントラストにより、ホイールの開口部を大きく見せて、足元にアグレッシブな感触を添加します。

スポンサードリンク

ボディカラー

アティチュードブラックマイカ
プラチナホワイトパールマイカ

エモーショナルレッドⅡ

アティチュードブラックマイカ
ダークブルーマイカメタリック

インテリア

WSレザーパッケージ

パドルシフト

Sポジション走行時だけでなくDポジションでも、ステアリングから手を離す事なく指先の操作で俊敏な移行大きく上乗せ、チェンジダウンができる。

素早いシフトチェンジで、活動的な走りを楽しめします。

一部改良の内容

JBLプレミアムサウンドシステム

高性能な8chアンプの採用により、室内ゆとりスペースに最適な音質を確保するJBLのサウンド仕組み。

アンプ2チャンネル分を利?して駆動する大口径サブウーハーをキャビン後方に設定する事により、素早いレスポンスと迫力のある重低音リユースを実現しました。

なお、フルレンジスピーカーをリヤドアに内蔵する事で、後席での空間のある中高音復活をできるにしています。

音源のディテールを高く再現するだけでなく、省電力・軽量化も併せて実現する?パフォーマンス技術を採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。

オート電動格納式ドアミラー

オート電動格納式ドアミラーを標準装備しています。

インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、トラブルの和らげるに寄与する仕組み。

車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和するパフォーマンスを付け足し。

前後進行方向にある壁などの静止物を検知している時、発進時にハイブリッド仕組み出力を抑制し、加えて距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

車両販売価格

    ハイブリッドシステム 駆動 価格
(消費税込み)
WS リダクション機構付のTHSⅡ
(A25A-FXS 2.5L ダイナミックフォースエンジン)
2WD 3,672,000
  “レザーパッケージ” 4,341,600
G 3,531,600
  “レザーパッケージ” 4,228,200
X 3,298,320
スポンサーリンク