トヨタ アルファード・ヴェルファイアに重大リコール発覚!?動画あり

シェアする

大人気ミニバンに重大リコール!?

トヨタ自動車が製造販売している大人気ミニバンアルファードALPHARD)および、ヴェルファイアVELLFIRE)に、安全装備に関わる重大リコールが発覚しましたのでご紹介させていただきます。

詳細の前に、リコールについてご説明させていただきます。

スポンサードリンク

リコールとは

自動車に関わるニュースなどでリコール情報をよく耳にすると思います。

そもそもリコールってなに?って方も居られると思います。

リコールとは、正式にはリコール制度と呼びます。

リコール制度は、自動車を製造するメーカーが、設計段階製造過程において、問題が発生したことが発覚した際に、国土交通省へ届け出を行い、その後、回収や修理・交換などの措置を行い、事故などのトラブルを防ぐための措置のことです。

スポンサードリンク

リコールの詳細

アルファード、ヴェルファイアの安全装備として装着されているエアバックの制御システムにおいて、加速度センサーまたは、圧力センサーの内部にあるICチップの製造条件が不適切であったため、ICチップ内で断線する可能性があります。

万が一、断線してしまった場合、エアバック警告灯が点灯し、事故などの際に正常にエアバックが作動しない恐れがあります。

スポンサードリンク

リコールへの対処法

対象車種の全車両の加速度センサーおよび、圧力センサーの製造番号を確認し、不適切な製造条件のICチップに該当した場合、速やかに良品の部品へ交換し対応します。

リコール対処後の車両と識別を行うために、運転席の下に車体番号が刻印されている箇所の右上に黄色のマーキングを施します。

リコール対象車

型 式 通称名 対象車の含まれる
車台番号
製作期間 対象車の
台数
該当の
不具合
DBA-AGH30W アルファード
ヴェルファイア
AGH30-0022877~
AGH30-0048179
平成27年 5月20日~
平成27年10月28日
19,919 (1)
DBA-AGH35W AGH35-0004668~
AGH35-0008116
平成27年 5月20日~
平成27年10月27日
3,345
DAA-AYH30W AYH30-0010907~
AYH30-0022545
平成27年 5月20日~
平成27年10月28日
10,513
DBA-GGH30W GGH30-0004365~
GGH30-0009377
平成27年 5月20日~
平成27年10月27日
3,382
DBA-GGH35W GGH35-0001930~
GGH35-0003375
平成27年 5月20日~
平成27年10月28日
1,425

まとめ

トヨタ自動車が、自信を持って販売している大人気ミニバンの安全装置のエアバックが正常に作動しない可能性があるというのは、万が一の時に恐ろしいですね。

ミニバンということで、大切な家族とドライブ中に事故に遭い、エアバックが開かなかったことを考えると恐ろしいですね。

対象の車種を乗られている方がいましたら。お近くの販売店へ持込み対応してもらいましょう。

対象車じゃなくても不安と感じられた方がいるようでしたら、購入したディーラーの営業さんへ相談してみるのも得策かもしれませんよ。

スポンサーリンク