トヨタ RAV4がフルモデルチェンジで新型RAV4へ!エクステリアは?発売日は?

シェアする

トヨタ・RAV4

RAV4

トヨタ自動車TOYOTA)が、1994年から製造販売を行っているクロスオーバーSUVRAV4ラヴフォー)が、5回目のフルモデルチェンジを行います。

RAV4は、モノコック構造のクルマをベース車両にし開発された本格クロスオーバーSUV車になります。

RAV4が誕生したことにより、ホンダ日産もクロスオーバーSUV車の開発に乗出した先駆けともいえるクルマと言えるでしょう。

そんなRAV4が、フルモデルチェンジを行い、5代目RAV4が誕生します。

今回は、新型RAV4についてご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

新型RAV4の特徴

SUV車本来の活動的で力強いタフさを追求しつつ、アウトドアシーン以外の街並みにも溶け込むデザインを重視し開発されました。

また、トヨタの最新プラットフォーム「TNGAToyota New Global Architecture)」を採用し、高剛性且つ、低重心化を図り、低燃費性能、操縦性能、走行性能を追求した「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を搭載したガソリン車と「新型E-Four」を搭載したハイブリッド車をラインナップしました。

更に、先進安全機能の第2世代トヨタセーフティセンスを全車に標準装備し、次世代の安全装備を搭載しています。

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、新型RAV4のエクステリアになります。

プラットフォームに、TNGAを採用したことにより、ワイドボディに大口径のアルミホイールが装着され、走行性能の向上が図られています。

また、4代目RAV4よりも最低地上高が高く設定されており、オフロード走行も容易に行えるよう設計されています。

特徴的なオクタゴン(八角形)をアクセントとしたデザインを強調しています。

スポンサードリンク

インテリア

インテリアは、水平基調のインパネや幅が広いセンターコンソールを採用し、乗車時のホールド性能も考慮した設計となっています。

また、SUV車らしいデザインも採用しつつ、ラグジュアリー感も感じさせるインテリアデザインとなっていることも特徴になっています。

運転者が安心して運転できるよう考えつくされたメーターや視認性についても考慮されデザインも遊び心溢れるものとなっています。

パワートレイン

パワートレインには、2.5L直列4気筒直噴エンジンの「Dynamic Force Engine」が採用されたガソリン仕様が用意されます。

また、ハイブリッド仕様には、2.5LハイブリッドシステムTHSⅡ)を用意されています。

特徴としては、高トルクエンジンを搭載したことで軽いアクセルワークで容易にドライブできるように設定されています。

また、8速トランスミッションの「Direct Shift-8AT」を採用することで優れた動力性能と低燃費性能を実現しています。

車両スペック

ホイールベース 105.9インチ[2,690mm](現行型+1.2インチ[+30mm])
全長 180.9インチ[4,595mm](同-0.2インチ[-5mm])
全幅 73.0インチ[1,855mm](同+0.4インチ[+10mm])
全高 66.9インチ[1,700mm](同-0.2インチ[-5mm])

新型RAV4最新動画

発売時期

新型RAV4の発売ですが、まだ先になるのですが2019年春に日本発売されます。

2018年末頃から2019年2月頃には先行予約ができるようになるはずですので、新型RAV4を誰よりも早く手に入れたい方は、最新情報をこまめにチェックしていた方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク