ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL)が人気な理由!SUV販売台数2位!

シェアする

ホンダ・ヴェゼル

本田技研工業HONDA)が、2013年より製造販売を行っている人気SUV車のヴェゼルVEZEL)ですが、日本を含む世界的にヒットしているようです。

SUV車は、世界的にブームの真っ只中のため、自然と人気が出ていますが、ヴェゼルは日本問わず人気となっています。

海外仕様のヴェゼルは、HR-Vエイチアールヴイ)という車名で販売されています。

今回は、ホンダが自信を持って販売するヴェゼルの評判についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

インテリア

こちらがヴェゼルのインテリアになります。

スポーティなエクステリアの割に合わないくらいのラグジュアリーなインテリアが評価を受けています。

インテリアカラーには、ジャズブラウンが採用されており、大人なクルマのイメージになっています。

男性、女性問わず好まれる室内空間になっています。

スポンサードリンク

エクステリア

2018年2月にマイナーチェンジされた新型ヴェゼルですが、前期モデルのデザインを継承したエクステリアになっています。

人気があるため、大幅なデザイン変更は行われなかったようです。

しかし、ヘッドライトなどの細部には、ホンダらしい最新装備が搭載されています。

あえて変更しなかった点が、SUV車を好んで乗られている方からは高評価のようです。

スポンサードリンク

先進安全装備

新型ヴェゼルには、ホンダが独自開発した先進安全装備のホンダセンシングHonda SENSING)が、全車標準搭載となっています。

また、標準グレード以外のグレードには、サイドエアバック、カーテンエアバックが標準搭載されており、今まで以上に安全面に考慮されたクルマとなっています。

残念な点としては、オートハイビーム機能が非搭載のため、サポカーSベーシック+の位置づけになってしまう点です。

快適装備

最近の高級車ではお馴染みとなっている電子制御パーキングブレーキを搭載しています。

ホンダ車の中でも、お手頃価格の車両でいち早く電子制御パーキングブレーキを採用したことが評価につながったと思われます。

また、最上位グレードには、オプションにはなりますが電動パワーシートも搭載することが可能となっています。

走行性能・燃費性能

ハイブリッド仕様がラインナップされているため、燃費性能についても高評価を受けています。

また、エコアシストという機能を採用することで、ドライバーに運転状況を伝えることが可能となっているため、エコ運転をするよう促してくれます。

また、環境基準にも対応していおり、地球にやさしいクルマになっています。

コストパフォーマンス

ハイブリッド仕様については、低燃費は嬉しいのですが、価格については少し割高感があるようです。

しかし、ガソリン仕様になると、216万円程度に設定されているため、手頃にお買い求めになれますね。

ハイブリッド仕様でも、最安グレードでも246万円程度なので、ガソリン代などを考慮すると割安に感じると思います。

この点が評価に繋がっているといえるでしょう。

まとめ

エクステリア、インテリアデザイン共に高評価を受け、更には、低燃費。

車両本体価格についても、普通に働いている方であれば購入できる金額設定。

男性・女性問わず好まれているクルマ。

ホンダセンシングを搭載し、安全面も安心。

この点を見ると人気の理由が分かりますね。

気になる方は、販売店でじっくり見てみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク