トヨタ 新型アルファードが大人気!!評判は?なぜ高評価なのか?

シェアする

トヨタ・アルファード

2017年12月25日のクリスマスマイナーチェンジされたばかりの新型アルファードトヨタ自動車が予想していたよりも順調な販売を続けています。

今回のマイナーチェンジでは、3眼LEDヘッドライトシーケンシャルウインカー流れるウィンカー)、先進安全装備の次世代トヨタセーフティセンスなどの最新機能が搭載されビッグマイナーチェンジされました。

アルファードALPHARD)と言えば、「キングオブミニバン」としても知られていますね。

20系アルファードよりもボディサイズが大型化され、居住性の向上やリアサスペンションをダブルウィッシュボーンサスペンションを搭載するなどして飛躍的な進化を遂げています。

そんなアルファードの人気の秘訣についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

インテリアの評価

以前までは、セルシオマジェスタなどの高級セダンが大人気でしたね。

そんな高級セダンを乗られていた方が、今やアルファードの虜になっているようです。

理由としては、インテリアの質感やインテリアパネルなども高級感溢れるデザインが採用されている点が評価されているようです。

スポンサードリンク

快適装備の評価

最上級グレードのエグゼクティブラウンジには、上質なプレミアムナッパ本革シートが搭載されています。

また、VIPの方々に最高のくつろぎを与えるために、パワーオットマンシートヒーター・ベンチレーションを完備しています。

さらに、アームレストには集中コントロールスイッチが搭載されており、AV操作などが手元で操作することが可能となっています。

スポンサードリンク

走行性能の評価

まず、走行時の振動や騒音を抑制し、静粛性能が優れている点が高評価に繋がっているようです。

エンジンルームやドアパネルの内部などに防音材などを多用することにより静粛性能が大幅に向上しています。

30系前期アルファードより、リアサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用したことで、上質な乗り心地と安定性が向上した点も評価されています。

安全装備の評価

今回のマイナーチェンジにより、第2世代トヨタセーフティセンスが搭載されました。

車線逸脱防止機能やブラインドスポットモニター、誤発進抑制機能などの安全を意識した先進安全装備を搭載したことも高評価になっているようです。

燃費性能の評価

ハイブリッドグレードになりますが、車両重量が2トン超えのミニバンで、19.4km/Lという低燃費性能を実現しています。

ハイブリッド仕様で、20km/L以上の低燃費性能になっている点は、残念ながら少し不満の声も聞かれているようです。

価格についての評価

価格については、最安グレードでも、335万円と少し割高になっています。

最上級グレードになると、705万円となり一般の方では手の届かないクルマですね。

価格についての評価については、高すぎるなどの声が上がっています。

しかし、機能性や快適性を考慮すると輸入車の高級セダンよりも割安な価格と思います。

お金に余裕がある方からは、高評価のようです。

まとめ

新型アルファードの評価を総合的に見てみると、大変いいクルマだと感じます。

最上級グレードのエグゼクティブラウンジですと、契約から納車までの期間が半年待ちにもなっているようです。

居住性、高級感が高評価を得た理由だと考えます。

サラリーマンには少し割高なので、エスクァイアなどがおすすめですが、ミドルクラスの富裕層であれば、満足して頂ける最高のクルマですね。

スポンサーリンク