人気SUV ハリアー・エクストレイル・CX-5・プラド・フォレスターの魅力とは?

シェアする

SUV車とは?

最近、世界中で人気となっているSUV車ですが、「SUV」の意味を知っている方が少ないと思います。

SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルSport Utility Vehicle)」の単語の頭文字をとった略語なのです。

日本語では、スポーツを主とした多目的車という意味になります。

その中でも、クロスオーバーSUVという言葉もよく耳にしますね。

クロスオーバーSUVとは、フレームの構造が、セダン車やクーペ車と同じユニティボディを採用した自動車のことを指します。

正式には、「CUVCrossover Utility Vehicle)」となっていますが、「XUV」と表現されることもあります。

それでは、今人気のSUV車の魅力についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

トヨタ・ハリアー

トヨタ自動車が、製造販売を行っているハリアーHARRIER)は、日本国内専売車種になっています。

このクルマが人気が高い理由としましては、なんといってもエクステリアデザインです。

SUV車らしからぬ、高級感と上品な雰囲気を両立している点が、人気の秘訣でしょう。

また、インテリアについてもラグジュアリー感溢れる質感になっている点も高評価されています。

走行性能や先進安全機能のトヨタセーフティセンスPも搭載してる点も人気の秘訣になっているようです。

スポンサードリンク

日産・エクストレイル

日産自動車NISSAN)が、製造販売を行っているエクストレイルX-TRAIL)も人気のSUV車になります。

エクストレイルの人気の秘訣ですが、ガソリン車ハイブリッド車がラインナップされている点が、購入者を引きつけている魅力の一つと言えます。

その中でも、2WD4WDの仕様がラインナップされおり、購入者の使用用途によって選択できる点も好評を受けているようです。

また、5人乗り仕様7人乗り仕様があり、7人乗り仕様では2列目シートにスライド機構を備えており、使い勝手の良さが高評価を得ています。

スポンサードリンク

マツダ・CX-5

マツダ(MAZDA)が、製造販売を行っている「CX-5」も今や大人気のクルマの一つになっています。

マツダは、SUV車に力を入れており、その中でも圧倒的な人気を誇るのが、CX-5です。

現在のマツダの印象を大きく変化させたのが、このクルマなのです。

このクルマの最大の魅力は、ディーゼルターボエンジンを搭載し、力強い軽快な走行性能が備わっている点です。

ディーゼルエンジン以外にも、ガソリンエンジン仕様もラインナップされており、街乗りからアウトドアなどのレジャーなどの長距離走行でも難なくこなしてくれます。

最近では、女性からの支持が強く、価格帯も中古車であれば、200万円未満で購入できる点も魅力を感じている方が多いようです。

トヨタ・ランドクルーザープラド

トヨタ自動車の中でも、圧倒的な人気を誇るのが、ランドクルーザープラドLAND CRUISER PRADO)です。

SUV車の中でも、LサイズSUVとして君臨しています。

大型の車体ではあるものの運転してみると、意外と運転しやすい点が魅力的とも言えます。

SUV車といえば、5人乗り仕様が多い中、こちらのプラドは、7人仕様となっており広い室内空間を求められる方に人気となっています。

車両本体価格は、少し割高感がありますが、この車種は海外でも非常に人気が高く、乗り換え時の下取り価格や買取価格などのリセールバリューなども考慮すると他の車種よりもランニングコストが安くなる場合もあるクルマです。

スバル・フォレスター

スバルSUBARU)が、SUVブーム以前より製造販売を行っている人気車種のフォレスターFORRESTER)も魅力的なクルマの一つです。

このクルマは、全グレードが、フルタイム4WD仕様になっており、本格クロスオーバーSUV車と呼べるクルマになっています。

シンメトリカルAWDを搭載することで、冬シーズンのスキースノーボードといったレジャーの際に走行する積雪路面では心強い相棒となります。

シート表皮などもアウトドアをされる方の要望を上手く吸い上げた材質などを使用しています。

この点は、日産のエクストレイルと似た感じですね。

現在では、珍しいミッション車MT車)もラインナップされています。

まとめ

今回は、昨今人気が非常に高いSUV車の魅力に迫ってみました。

どのクルマもそれぞれの特徴を上手く盛り込んだ仕様となっているため、優劣つけれないのが正直なところですね。

実際に購入された方々の意見を募集したいと思います。

今回の記事で取り上げてさせて頂いた車種の良い点や悪い点などあれば、ぜひコメントして頂けると幸いです。

中々、記事では表現できないことが多いため、至らない点や不足している点があったかもしれません。

スポンサーリンク