スバル VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTをお披露目!!次期型WRX STIか!?

シェアする

人気記事

VIZIV パフォーマンス STIコンセプト

スバルSUBARU)は、次期型WRX STIのコンセプトカーとなる「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を東京オートサロン2018で世界初公開するようです。

東京オートサロンは、今年の開催で第45回目となります。

東京オートサロン2018は、幕張メッセ日本コンベンションセンター)にて、2018年1月12日(金) 〜14(日)まで開催されます。


あわせて読みたいスバル・アセント関する記事はこちら
スバル アセント(ASCENT)市販モデルの全貌が判明!

スポンサードリンク

SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

SUBARUがクライアントにお届けし、安心して楽しめるクルマづくりの今後ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトカーになっています。

今後の自動運転技術拡大期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンボディに内蔵する事で、SUBARUらしい心配無用で愉しいドライビングの世の中観を提示します。

VIZIVPERFORMANCECONCEPTと呼ばれる同名のシリーズはVIZIVVIZIVEvolutionは2013年に、VIZIV2VIZIVGTは2014年に、VIZIVFutureは2015年に、しかもVIZIV-7は2016年であった。

スバル共通のデザインフィロソフィ“DYNAMIC×SOLID”に基づくスポーツセダンコーデを採用した。

スバル独自の運転支援体系「アイサイト」を更に高度運転支援技術を内蔵しました。

スポンサードリンク

SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT

SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTのエクステリアは、明日からの公開のため、一部しか公開されていませんでした。

スバルVIZIV パフォーマンス・STIコンセプトは、さきほどご紹介せて頂いたスバルVIZIV パフォーマンス・コンセプトをベースに、STIが開発したエアロパーツなどを装着したコンプリート・コンセプトカーとして世界初公開されます。

プラットフォームには、次世代プラットフォームとして開発された「Subaru Global Platform(SGP)」が採用されるようです。

この新開発されたプラットフォームは、新型インプレッサにも採用されることが決定しているようです。

特徴としては、衝突安全性能の向上化、車両重量の軽量化、運転性能の向上が実現できるようです。

スポンサードリンク

安全装備

新型WRX STIとなるこのコンセプトカーには、次世代アイサイトが搭載されっるといわれています。

吉永泰之社長のコメントによると、前方を監視するミリ波レーダー、ステレオカメラを進化させた高度運転支援技術が搭載されるようです。

スペック

ボディサイズ

全長:4,630mm

全幅:1,950mm

全高:1,430mm

ホイールベース :2,730mm

タイヤサイズ :245/40 R20

乗車定員:5名

パワートレイン

2.0 L 水平対向4気筒DOHC DIT直噴ターボエンジン(FA20型)

最高出力:310ps/5600rpm

最大トルク:45.0kgm/4800rpm

駆動方式:4WD

トランスミッション:6MT

今後、発表される情報をまとめて続報としてお伝えしますね。


あわせて読みたいスバル・アセント関する記事はこちら
スバル アセント(ASCENT)市販モデルの全貌が判明!