スバル アセント(ASCENT)市販モデルの全貌が判明!エクステリアは?インテリアは?発売時期は?

シェアする

SUBARU ASCENT

スバルSUBARU)は、2017年11月29日に、新型アセントASCENT)の市販化モデルを世界初公開しました。

アセントは、スバルが販売しているクルマの中で最も大きいサイズの3列シートを搭載した新型SUV車になります。

SUV車というカテゴリーの中でも、最大級の室内空間と快適空間を備えた新しいクルマとして開発されました。

プラットフォームには、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、最上級の快適性能安全性能を備えています。

また、独自開発した運転支援機構のアイサイトEyeSight)」を全車標準装備し、予防安全技術を追求したモデルになっています。

パワートレインには、6気筒エンジン顔負けの動力性能、燃費性能を兼ね備えた2.4L 4 気筒水平対向直噴ターボエンジンを搭載しています。


あわせて読みたい日産・新型QX50に関する記事はこちら
日産 スカイラインクロスオーバー(QX50)がフルモデルチェンジ!

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、新型アセントのエクステリア画像になります。

エクステリアデザインは、スバルの共通デザインソロフィーである「DYNAMIC x SOLID」をベースにデザインされています。

デザインテーマとして、SUV車にとっての「存在感」、「力強さ」、「機能性」をテーマとしてデザインされました。

また、SUV車としての「逞しさ」、「躍動感」を全面に押し出したエクステリアになっています。

スポンサードリンク

インテリア

こちらが、新型アセントのインテリアになります。

インテリアデザインのコンセプトしまして、ファミリー全員で楽しめる3列シートSUV車を基本テーマとして、利便性、快適性を最大限に活かせる装備を充実したデザインを採用しています。

インフォテインメントシステムは、スマートフォンiPhoneとの連携可能となっています。

更に、キャビンビューミラーパノラミックサンルーフサンシェード、前席左右・後席独立温度調整機能付きフルオートエアコン、ベンチレーションシートを搭載しています。

3列目のシートの左右配置されたカップホルダー等の快適装備には、タブレット端末が収納可能となっており、USB電源を配置しているため充電を気軽にできる快適機能まで装備されています。

3列目シート専用のエアコン吹出口も設けてあり、快適に乗車できるよう工夫されています。

居住性・乗降性・積載性

ミッドサイズのSUV車に求められる乗車している人同士の適度な距離や、十分な大きさのラゲッジスペースが備わっています。

2列目、3列目シートへの乗り降りに配慮したリヤドア開度、開口エリアを確保し、乗降用のステップやグリップを装備しています。

窮屈になりがちの3列目シートでも快適に過ごせる設計になっています。

ラゲッジスペースに影響しない、駆動ユニット一体の新型パワーリヤゲートをスバルとして初めて採用しました。

コックピット・2列目シート

運転席にクッション長調整機能付きフロントシートをスバルとして初めて採用しています。

7人乗り仕様には、2 列目シートに2人掛けのキャプテンシートをスバルとして初めて採用し、3列目シートへのアクセスを容易に行えるウォークスルー仕様になっています。

8人乗り仕様には、2列目シートに大人3人が着座できるベンチシートを採用しています。

3列目シート

大人から子供まで快適に座れる空間とリクライニング機構を搭載した3列目シートを備えています。

スポンサーリンク