キラメック ヴィジョン(VISION)にリレーアタック対応セキュリティシステムを発売!!

シェアする

人気記事

リレーアタックとは

リレーアタックは、クルマの所有者が所持しているスマートキーから発信される微弱電波の信号を専用の受信機(中継機)で受信し、その信号を車両本体側で送受信を行い、あたかもスマートキーを所持しているかのように、解錠エンジン始動操作を行い、クルマを盗むことを、リレーアタックといいます。

車両盗難件数は、イモビライザー機能の標準装備などの対策により、以前に比べ減少傾向ですが、最近ではリレーアタックでの車両盗難が増加している傾向にあります。

海外で人気のあるクルマがよく狙われているようです。

例えば、トヨタハイエーストヨタランクルトヨタプリウストヨタアルファードヴェルファイアレクサスLXレクサスRXなどが車両窃盗グループに狙われているようです。


あわせて読みたいトヨタ・ランクルプラドのリレーアタック
ランドクルーザープラド車両窃盗の最新手口をキャッチ!!

スポンサードリンク

リレーアタック動画

こちらが、海外で公開されている「リレーアタック」でレクサスLXを盗んでいるところを再現した動画になります。

この動画を見て頂くとリレーアタックがどのように行われているかよく分かります。

アウトレットモールイオンモールなどの大型ショッピング施設などの駐車場で堂々と車両窃盗が行われているようです。

ちゃんと施錠しているから大丈夫と思っているそこのアナタが格好の餌食になってしまいますよ。

スポンサードリンク

自宅で車両盗難

先ほどの動画は、ショッピング施設の駐車場でリレーアタックが行われていますが、自宅でもリレーアタック被害にあってしまうこともあります。

なぜ自宅なの?と疑問でよね。

リレーアタックの仕組みをもう一度、思い出してみましょう。

スマートキーからの発信される微弱電波を利用してクルマを盗みますよね。

一般的に、自宅の鍵やスマートキーは、玄関付近に置いている方が多いと思います。

玄関は、外部との距離が近いので、家の外から微弱電波を受信することが可能な場合があります。

ということは、家の中だからといってもリレーアタック対策にはなっていないのです。

では、どうしたらいいのでようか?

スポンサードリンク

対策方法

① スマートキーをアルミホイルで包む

② スマートキーを金属製の箱の中で保管する

③ リレーアタック対策済みのセキュリティシステムを装着

④ 車両保険の加入

代表的には、この3点の対策があります。

①②の対策は、家にあるもので容易にできますね。

しかし、外出時はどうでしょうか。

現実的に考えて、外出時にアルミホイルや金属箱を持ち歩けませんよね。

そこで、③のリレーアタックに対応したセキュリティシステムが最善策になってきますよね。

メリットもありますが、デメリットもあります。

デメリットとしては、費用が掛かってしまうことです。

しかし、数万円で数百万円するクルマを守れるのであれば安いと思いませんか?

そこで、12月に発売されたばかりのリレーアタックに対応したセキュリティシステムをご紹介したいと思います。

オススメセキュリティ

この2つのセキュリティーがオススメのセキュリティーシステムになります。

セキュリティーが、約3万円から4万円安い価格設定かと思います。

この費用だけで、あたなたの愛車を守れるのであれば安心ですよね。

購入を検討されているようであれば、念のため愛車に取付可能か、品番や型番の確認をお願いします。

まとめ

やっとキラメックVISIONにリレーアタックに対応したセキュリティシステムが発売されましたね。

自動車は高額ですのでセキュリティ対策は事前に行っておかないと盗まれてからでは手遅れですよね。

セキュリティも必要ですが、任意保険の車両保険の加入も忘れずに行ってくださいね。


あわせて読みたいトヨタ・ランクルプラドのリレーアタック
ランドクルーザープラド車両窃盗の最新手口をキャッチ!!