レクサス RX450hL・RX350Lの3列シート仕様をワールドプレミア!!エクステリアは?インテリアは?発売時期は?

シェアする

人気記事

レクサス RX

トヨタ自動車の高級ブランド「LEXUSレクサス)」より、発売されてるラグジュアリーSUV車の「レクサスRX」の3列シート仕様が、ロサンゼルスオートショー2017にて、ワールドプレミアされました。

初代レクサスRXは、1998年に誕生してからレクサスファンの心を鷲掴している大人気SUV車になります。

従来モデルまでは、5人乗り仕様のみの取り扱いでしたが、車両サイズを拡大して、6人乗り仕様7人乗り仕様を新たに追加しました。


あわせて読みたいスバル・アセントに関する記事はこちら
スバル ASCENT市販モデルの全貌が判明!

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、世界初公開された新型レクサスRX350Lのエクステリアになります。

新型レクサスRXの開発コンセプトとは、従来からの「本来の流麗かつ堂々とした力強い」をテーマに、全長を拡大し、広い室内空間を確保し、居住性と快適性を追求したモデルになっています。

レクサスRXロングバージョンのサイズ

全  長 5,000mm
全  幅 1,895mm
ホイールベース 2,790mm
スポンサードリンク

インテリア

コックピット・助手席

2列目シート

3列目シート

ラゲッジスペース

こちらが、新型レクサスRXロングバージョンのインテリアになります。

コックピット・助手席周りは、現行モデルとほぼ変わっていないようです。

今回公開されたモデルでは、高級車らしいウッドパーツを使用し、落ち着いた室内空間になっていますね。

内装色、シートカラーは、購入者の希望に沿って選択できるようになっているため、インテリアカラーが変わると雰囲気も変わると思います。

2列目シートは、6人乗り仕様には、キャプテンシートが採用されます。

7人乗り仕様には、ベンチシートが採用されます。

3列目シートには、電動格納式シートを採用しています。

また、3列目シートを格納した場合、床面がフラットになるため、大量の荷物を載せることが可能になり、利便性にも考慮した設計になっています。

スポンサードリンク

3列目シートアレンジ

乗車モード

片側格納モード

ラゲッジモード

3列目シートは、電動格納シートを搭載し、左右独立で格納することも可能となっています。

また、両側のシートを格納することで、大容量のラゲッジスペースを確保することも可能となっています。

ロングバージョンでは、5人乗り仕様のレクサスRXのリアゲートとは異なる傾斜角になっています。

今までのRXの荷室空間では、少し狭いなと感じていた購入者の声を聞き、快適性能を追求した結果がこうシートアレンジに繋がったと思います。

発売時期

新型レクサスRXの発売時期ですが、2017年12月に発売されることが決定しているようです。

日本市場では、「RX450hL」が発売されます。

今回、ご紹介した「RX350L」が、日本市場で発売されるかは、現時点では未定となっているようです。

当サイトでは、新型レクサスRX450hLの乗出し価格についてもご紹介させて頂いております。

気になる方は、サイト内検索で「RX450hL」で検索してみてくださね。


あわせて読みたいスバル・アセントに関する記事はこちら
スバル ASCENT市販モデルの全貌が判明!