第45回東京モーターショー2017開幕!!自動車メーカーのワールドプレミアまとめ2

シェアする

第45回東京モーターショー2017開幕!!自動車メーカーのワールドプレミアまとめ1の記事でもお伝えした内容の続きをご紹介します。

各自動車メーカーのコンセプトカーは、既に自動車業界ネットニュースでも取り上げられ話題となっています。


あわせて読みたい第45回東京モーターショー2017ワールドプレミアまとめ1
第45回東京モーターショー2017開幕!!自動車メーカーのワールドプレミアまとめ1

マツダ

マツダ 魁 CONCEPT

マツダが、次世代ハッチバックコンセプトカーとして出展したのが、マツダ 魁 CONCEPTになります。

パワートレインには、次世代ガソリンエンジンのSKYACTIV-Xスカイアクティブエックス)を搭載し、デザインテーマは、魂動デザインを基に開発されています。

また、次世代プラットフォームのSKYACTIV-Vehicle Architectureスカイアクティブビークルアーキテクチャー)を採用しています。

マツダ VISION COUPE

世間でRX-9ではと噂されているコンセプトカーマツダ VISION COUPEマツダ・ビジョン・クーペも出展されており、今回の東京モーターショーにて大注目を浴びているコンセプトカーのひとつがこちらになります。

高級感を漂わせたエクステリアデザインを採用しており、海外からも話題を呼んでいる車種のひとつでもあります。

スポンサードリンク

三菱

e-EVOLUTION CONCEPT

三菱自動車が、SUVと電気自動車EV)のシステムを組合せて開発されたコンセプトカーが、e-EVOLUTION CONCEPTになります。

デリカアウトランダーパジェロで培った技術を惜しげもなく投入したのがこのコンセプトカーと言っても過言ではないかもしてません。

ライバル車は、トヨタC-HRホンダヴェゼルになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

レクサス

LS+ Concept

トヨタ自動車の高級ブランドレクサスが、出展しているコンセプトカーは、LS+ Conceptになります。

LS+ Conceptは、次世代型の自動運転技術を搭載し、レクサスの最上級モデルのLSの未来像を表現したコンセプトカーになっているそうです。

次世代自動運転技術は、2020年に実用化を目標に開発している「Highway Teammateハイウェイチームメイト)」を搭載しています。

この自動運転技術は、高速道路などの自動車専用道路の走行において、車両周辺情報とビッグデータ等の情報を基に、AI人工知能)により高精度な自動運転を実現しようとしています。

また、レクサスは、一般道での自動運転技術「Urban Teammate」を2020年代前半での実用化を目指して現在、開発しているとも発表しています。

スポンサードリンク

お願い

第45回東京モーターショー2017開幕!!自動車メーカーのワールドプレミアまとめ1も見て頂けると幸いです。

当サイトに起こし頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。


あわせて読みたい第45回東京モーターショー2017ワールドプレミアまとめ1
第45回東京モーターショー2017開幕!!自動車メーカーのワールドプレミアまとめ1

スポンサーリンク