トヨタ 新型ハイエースコンセプト(300系ハイエース)を東京モーターショーに出展か!?エクステリアは?荷室が狭くなるかも?

シェアする

ハイエース

現在、が製造販売を行っている大人気ミニバン及び、大人気商用車でもあるハイエースHIACE)がフルモデルチェンジ間近という情報を入手しました。

以前より当サイトでも次期型の300系ハイエースの情報を取り扱ってきましたが、少しずつですが詳細が明らかになってきました。


あわせて読みたい新型ハイエースに関する記事はこちら
ハイエース 元祖ミニバンがフルモデルチェンジでハイブリッド化されるかも!?

新型ハイエースのエクステリア

ハイエース

ネットなどで新型ハイエースのベースになるだろうと噂されているモデルが、新型プロエースがこちらになります。

フロントフェイスは、メルセデスベンツVクラスのような感じになっています。

サイドビューについては、過去にトヨタ自動車が製造販売を行っていたグランドハイエースグランビアの様なデザインになっています。

エクステリアデザインからもお分かりになると思いますが、現行モデルの200系ハイエースと比較すると荷室が狭くなりそうです。

荷室寸法については、記事後半にてご紹介します。

スポンサードリンク

新型ハイエースコンセプトか!?

2017年10月25日から11月5日まで東京ビッグサイトにて開催される第45回東京モーターショーに出展されるLCV D-カーゴコンセプトがこちらになります。

こちらは、未来の商用車「LCVコンセプト」として出展されます。

先ほどご紹介したプロエースのボディに、最近発売されたヴォクシーのフロントデザインに似ているように感じます。

スポンサードリンク

未来の商用車 LCVコンセプト三兄弟

こちらが、東京モーターショーに出展される未来の商用車LCVコンセプト三兄弟になります。

画像左から、ビジネスラウンジアスレチックツアラーD-カーゴというモデルになります。

近未来型商用車の代表格になりそうなコンセプトカーですね。

題目とは少しずれますが、次期型ハイエースを予兆するデザインですね。

次のページで詳細について掲載させていただいております。

スポンサーリンク