スバル 新型インプレッサヨーロッパ仕様がモーターショーでベールを脱いだ!!エクステリアは?アイサイトは?盗難にご注意!!

シェアする

新型インプレッサヨーロッパ仕様

画像引用元:https://response.jp/article/2017/09/15/299858.html

こちらが、ドイツで開催した「フランクフルト・モーターショー2017」にて世界初公開された「新型インプレッサ(欧州仕様)」になります。

新世代グローバルプラットフォームを世界で初めて採用し、安全性能、走行性能を大幅に改良されています。

ボディデザインは、「ダイナミック×ソリッド」を採用しています。

画像はまだありませんが、インテリアデザインの見直しも行われ、質感の向上も図られています。

ヨーロッパ仕様のエンジンは、「1.6L DOHCデュアルAVCSエンジン」、「2.0L DOHCデュアルAVCSエンジン」の「直噴式」が採用されているようです。

また、安全装備の「アイサイト」も搭載されており、衝突を回避するサポート機能付きの車両になっています。

更に、「スバルリアビークルディテクション(SRVD)」も搭載されており、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、レーン逸脱警告、ミリ波レーダーにりより、後続車が接近した場合に通知する機能も搭載されています。

スポンサードリンク

インプレッサは盗難に注意!!

スバルインプレッサは、盗難されることでも有名な自動車です。

2014年11月の調査では、6件発生しており盗難車両ランキングでも11位となっています。

2015年11月の調査では、ランクインしていませんでしたが翌年の2016年11月の調査によると、14件発生しており、なんと6位と2014年度よりも盗難が多い調査結果が公表されています。

既に購入済みの方やこれから購入される方は、盗難される確率が高いことを認識した上で、盗難防止対策(カーセキュリティ、ODBガード等)をされることをオススメします。

最近では、「リレーアタック」という新手の盗難方法が流行しているそうなのでご注意ください。

下記リンクにて、対策方法などもご紹介させていただいております。

当サイトにお越し頂いた方で情報をお持ちの方は、コメントして頂けると嬉しいです。

また色々な意見交換の場として有効活用して頂いても構いません。

続報が入りしだい、お伝えしたいと思います。


あなたの愛車が危ない!新手法「リレーアタック」に要注意!

スポンサーリンク