シェアする

ホンダ インサイトが3代目インサイトとして4年ぶりに復活!!プリウスに宣戦布告!?スパイショットは?発表時期は?価格は?

シェアする

人気記事

本田技研工業Honda)が、以前に製造販売を行っていたハイブリッドカーインサイトINSIGHT)」を復活させた新型インサイトが開発中という情報を入手しました。


あわせて読みたいトヨタプリウスに関する記事はこちら
トヨタ プリウスがマイナーチェンジで新型プリウスへ!

スポンサードリンク

インサイトとは

車名の由来

英語で「洞察力」、「見抜く力」を意味する「Insight」がら名付けられました。

「ハイブリッドカーの本格的な普及という新しい時代の到来を洞察する車」

という意味や想いが込められているそうです。

概要

ホンダ・インサイトは、本田技研工業(Honda)が、1997年に開催された「東京モーターショー」にて発表されたコンセプトカーJ-VX」を市販化モデルに改良したハイブリッド車になります。

初代インサイト ZE1型

こちらが、1999年9月6日に発売された「初代インサイト」になります。

パワートレインは、「1.0L 直列3気筒SOHC VTECエンジン」とアシスト用の「MF2型 DCブラシレスモーター」を搭載し、そのシステムの名前が、「ホンダ・IMAシステム」と名付けられていました。

トランスミッションは、「CVT」と「5速MT」がラインナップされていました。

燃費は、CVTが、10・15モードで32.0km/Lとなっていました。

また、5速MTが、10・15モードで35.0km/L~36.0km/Lとなっていました。

乗車定員数は、2人乗り仕様でした。

このモデルは、1999年から2006年7月まで製造販売されていました。

2代目インサイト ZE2/3型

こちらが、初代インサイトが生産終了して約3年後の2009年2月6日にフルモデルチェンジされ発売された「2代目インサイト」になります。

初代インサイトから想像ができないぐらい大幅な改良が加えられフルモデルチェンジされています。

当時、フルモデルチェンジで、ボディ形状まで大幅に変更されたケースは稀だったようです。

エクステリアデザインは、「トヨタプリウス」に対抗できるデザインを採用されました。

初代インサイトで採用されていた「アルミフレーム」は、コストダウンのため不採用となった。

パワートレインは、「1.3L 直列4気筒 SOHC  i-VTEC i-DSIエンジン」と「MF6型 薄型DCブラシレスモーター」を搭載していました。

トランスミッションは、「CVT」のみラインナップされていました。

燃費は、初代インサイトに比べ悪くなりましたが、JC08モードで27.2km/Lとなっていました。

このモデルは、2009年2月から2014年3月まで製造販売されていました。

スポンサードリンク