シェアする

トヨタ ハイエース(HIACE)がマイナーチェンジで大幅改良!?改良箇所は?安全装備は?発売時期は?

シェアする

人気記事
スポンサードリンク

マイナーチェンジ情報

そんな大人気なハイエースがマイナーチェンジされるようです。

現時点で分かっている情報をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

安全装備は?

なんと今回のマイナーチェンジでは「トヨタセーフティセンスP」が搭載されるようです。

但し、輸送車として使用されることが多いため荷室に積んでいる荷物が安全機能が働いた際に壊れてしまう可能性があるためオプション設定になるかもしれません。

マイナーチェンジの目的が「安全装備の拡充」のようです。

トヨタセーフティセンスPとは、「単眼カメラ」と「ミリ波レーダー」を活用した衝突回避支援パッケージです。

これから「トヨタセーフティセンスP」の機能をご紹介しましょう。

プリクラッシュセーフティシステム

2種類のセンサー(ミリ波レーダーと単眼カメラ)で先行車両や歩行者を検知し、衝突の見込みがあるケース、ブザーやディスプレイ表示でドライバーに警報します。

衝突の見込みが高いと決断すると、ブレーキを踏む力を強力にアシストして衝突回避を支援(ブレーキアシスト)、しかも衝突が避けられないと決断すると自動ブレーキを作動させて、衝突回避や衝突トラブルの低減を図ります。

歩行者にそれに対しは、約10〜80km/hの速度域で自動ブレーキが作動し、約30km/hの減速ができる。

例を挙げると、歩行者との速度差が約30km/hのケースは衝突回避を支援します。

先行車に反対には、約10km/h以上のいろいろな速度域で自動ブレーキが作動し、約40km/hの減速ができるです。

レーンディパーチャーアラート

単眼カメラで道路上の白線(黄線)を認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する見込みがある事例にブザーとディスプレイ表示で警報し、車線逸脱による事故の回避を支援します。

他にも、電動パワーステアリングを制御する事で、車線逸脱を回避しやすいよう、ドライバーのステアリング操作をアフターケアします。

オートマチックハイビーム

単眼カメラによって周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で転換ます。

転換忘れを防ぐ他、手動操作の煩わしさを和らげるし、ドライバーの前方視野確保をアシスト、歩行者などの早期発見に寄与します。

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーで先行車との車間距離を検知し、設定車速(約50〜100km/h)の範囲内で先行車の車速に併せて速度を調節する事で一定の車間距離を保ちながら追従走行ができます。

しかも、前方車両の車線修正をミリ波レーダーとともに単眼カメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現しました。

スポンサードリンク