シェアする

ホンダ ヴェゼル が フルモデルチェンジで 新型へ!!エクステリアは? 発売時期は? 価格は?

シェアする

人気記事

本田技研工業ホンダ)が、2013年より製造販売しているコンパクトクロスオーバーSUV「VEZELヴェゼル)」がフルモデルチェンジされる情報をキャッチしました。

現行モデルは、ガソリン車とハイブリッド車の2種類販売されています。

この車種のライバル車は、トヨタ「C-HR」になります。

大人気SUV新型ハリアーの最新記事はコチラ
新型ハリアー発売直前にプログレスの画像が流出!?

新型 ハリアー 最新納車情報!!ついに画像流出で外観が判明!! 1年後は「ハリアーバブル」到来か!?

スポンサードリンク

ヴェゼルとは?

ホンダヴェゼルは、フィット(3代目)を基本ベースに開発されたコンパクトクロスオーバーSUVです。

開発時のテーマとして、「力強いSUV」、「艶やかなクーペスタイル」、「ミニバンの利便性」と「低燃費」を融合したクルマ造りを目標として作られたそうです。

このテーマで造られた「ヴェゼル」は、2014年から2016年まで「SUV販売台数ナンバー1」に3年連続輝いた車種になります。

日本で、世界で、選ばれ続ける理由がある。

発売以来、多くの方から支持を受け、ヴェゼルは3年連続でSUV販売台数No.1※を獲得。

美しくも力強い先鋭的なフォルムに、想像を超える広さや使い勝手。

クルマに求めるすべてを乗せて。この先も選ばれ続ける存在として輝き続けます。

車両サイズ

全長✕全幅✕全高:4295mm✕1770mm✕1605mm

ホイールベース:2610mm

車両重量:1180~1270kg(ガソリン車)、1270~1380kg(ハイブリッド車)

パワートレイン

  • ガソリンエンジン:1.5L直噴エンジンL15B型

    1.5L直噴エンジンL15B型に、CVTを組合せたことで「平成27年度燃費基準+10%」を達成。
  • ハイブリッドエンジン:1.5L直噴エンジンLEB型+SPORT HYBRID i-DCD

    1.5L直噴エンジンLEB型と当時新開発された「SPORT HYBRID i-DCD」を組合せたことにより、2.0Lエンジンのスペックに相当のパワーを発揮する仕様になっていました。
  • 燃費
    ガソリン車で、19.0km/L ~ 20.6km/Lになっています。
    ハイブリッド車で、23.2km/L ~ 27.0km/Lになっています。
    新型では大幅に燃費改善されると予想されます。

車名の由来

宝石のカット面「Bezel」と車両の「Vehicle」を組合せた造語が由来だそうです。

角度によって表情を変える宝石のように、多面的な魅力と価値を持つクルマ

スポンサードリンク

新型のエクステリアは?

こちらがフルモデルチェンジ後のエクステリアに近いものになります。

現行モデルから正常進化したデザインとなるようですね。

こちらの画像は、「新型アヴァンシア」になりますが、このデザインをベースに設計されると噂されています。

ヘッドライトもホンダの最新車種に搭載されているものが採用されるようです。

最近のホンダ車のヘッドライトユニットのデザインは最先端ですね。

スポンサードリンク

新型のインテリアは?

画像は、現行モデルになりますが高品質で高級感漂うインテリアになることは間違いないでしょう。

おそらく現行モデルよりも高級志向になると予想されています。

スポンサードリンク

新型のスペックは?

新型ヴェゼルハイブリッドの予想スペックはコチラ!!

全長x全幅x全高:4295mm✕1770mm✕1605mm

ホイールベース:2610mm

エンジン:1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン(LEB改良型)

最高出力:141ps

最大トルク:17.5kgf.m

モーター:H1型

モーター最高出力:29.5ps

モーター最大トルク:16.3kgf.m

駆動方式:FF、4WD

トランスミッション:7速AT

JC08モード燃費(km/L):30km/L以上(予想)

安全装備は?

Safety for Everyone.
「事故にあわない社会」の実現をめざして。

ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進のシステムです。

現行モデルの一部グレードに採用されている「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が採用されると予想されます。

フルモデルチェンジの頃には、現行システムよりも安全性能が向上した安全装備が開発されているかもしれませんね。

主な安全機能

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • LKAS〈車線維持支援システム〉
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

ライバル車のトヨタC-HRには、「全車速レーダークルーズコントロール」が搭載されているため、新型ヴェゼルでは「ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉(渋滞追従機能付)」が採用されると予想されています。

発売時期・価格は?

新型ヴェゼルの発売時期ですが、「2018年年末~2019年」にかけてフルモデルチェンジされると情報が流れています。

まだ噂程度なので信憑性にかけますが現時点での情報をお伝えさせて頂いております。

車両販売価格についても、現行モデルの価格から10万円から20万円値上がりすると予想されています。

また最新情報を入手次第、お伝えしたいと思います。

大人気SUV新型ハリアーの最新記事はコチラ
新型ハリアー発売直前にプログレスの画像が流出!?

新型 ハリアー 最新納車情報!!ついに画像流出で外観が判明!! 1年後は「ハリアーバブル」到来か!?

スポンサードリンク