シェアする

トヨタ クラウンが フルモデルチェンジ で 新型クラウン へ!!画像は? エクステリアは? FCVは? 発売時期は?

シェアする

人気記事

トヨタ自動車が、1955年より製造販売している「クラウンCROWN)」がフルモデルチェンジされるという情報を入手しました。

現在、販売されているモデルは14代目になります。

14代目クラウンは、2012年より販売されており今年で5年目になります。

あわせて読みたい新型レクサスLSはこちら
レクサス新型LS500の最新情報

スポンサードリンク

通称ピンククラウン

現行モデルで話題になったのは、「ドラえもん」の「しずかちゃん」が乗っていた「ピンククラウン」ですね。

正式には、特別仕様車「アスリートG”ReBORN PINK(リボーン ピンク)”」および

「アスリートG i-Four”ReBORN PINK”」です。

いったい、この「ピンククラウン」は何台売れたのでしょうね。

私自身、これまでに2台しか目撃したことがありません。

スポンサードリンク

210系クラウンの覆面パトカー

みなさんも目撃したことがあると思いますが、現行モデルの「クラウンアスリート」の覆面パトカーが増加しています。

従来までの「ゼロクラウン」の覆面パトカーの見分け方が通用しないようになっています。

ゼロクラウンの覆面パトカーの見分け方は、「グレードエンブレム」が装着されていなかったので見分けるのが簡単でしたね。

しかし、現行モデルの覆面パトカーには「グレードエンブレム」が装着されていますので一目で見分けるのは難しいですね。

既にご存知の方もおられると思いますが、見分け方を教えましょう。

  • アンテナが違う(純正はシャークアンテナ)
  • ハイマウントストップランプが違う
  • リアガラスにスモークフィルム
  • ルームミラーが2つ

上記のポイントを確認して見てくださいね。

スポンサードリンク

新型クラウンのエクステリア

引用元http://bestcarweb.jp/wp-content/uploads/2017/01/mokuji.jpg

画像は、新型クラウンアスリートと思われます。

エクステリアは、現行モデルを維持した正常進化されたデザインになっていますね。

ヘッドライトユニットのデザインが変更され威圧的な感じになっているようです。

スピンドルグリルは、現行モデルに近い感じになっています。

こちらは新型クラウンロイヤルだと思われます。

スポンサードリンク

コメント

  1. もんきち より:

    ダサい、どんなセンスしてんだ、こんな車作るかボケ。本当センスないだから日本人は他の国々に
    馬鹿に去れるんだぁ

  2. 匿名 より:

    現行も見慣れた頃には違和感無くなってたから今度のもそうじゃねーのかなぁ