インフィニティの新型QX80モノグラフ(コンセプト)を発表!

シェアする

人気記事


インフィニティ高級SUVの「QX80」の新型モデル「QX80モノグラフ」を発表しました。

QX80モノグラフはどんなクルマ?


QX80モノグラフは、まだ試作段階ですがほぼ完成と考えていいでしょう。
エクステリアは、インパクトのあるフロント周りに仕上がっています。


ダブルアーチ型グリルを装備し押し出し感があります。


ヘッドライトは、人の目のような形状をしています。


リアランプについても、ヘッドライト同様に人の目のような形状をしています。


ミラーレスのようでカメラが装着されています。


コンセプトモデルは、24インチのホイールを装着しています。

車体のサイズが、「全長5m超、全高2m近く、全幅2m超」と超大型SUVになっています。

サイズは、現行モデルの「QX80」とほぼ同じサイズと考えて頂いていいと思います。

エンジンなどの仕様については、今回公表されていません。
おそらくパワフルなエンジンを搭載するでしょう。

「QX80」の競合車としては、「レンジローバー」や「キャデラック エスカレード」になると思われます。

スポンサードリンク

異なる仕様のQX80

スポンサードリンク

まとめ

今回公開された「QX80モノグラフ」を見てみると近未来的なデザインですね。
特に、ヘッドライトが印象的でかっこいいですね。
日本の公道では、少し大きすぎるサイズですね。
最近のクルマはモデルチェンジ毎に大きくなっていく傾向があるように感じます。