トヨタ 大人気コンパクトカーROOMYが一部改良で新型ROOMY爆誕!

シェアする

TOYOTA・ROOMY

TOYOTAトヨタ自動車)が、2016年より製造販売を行っているトールワゴンタイプの大人気コンパクトカーのROOMYルーミー)が、発売からちょうど2年を迎えると同時に、一部改良され、新型ルーミーNew ROOMY)が誕生するようです。

ルーミーという車名の由来は、英語で「広々とした」という意味が由来となっており、車名の通り、広々とした室内空間を実現しています。

兄弟車は、トヨペットネッツトヨタで取り扱うTANKタンク)、DAIHATSUダイハツ工業)が取り扱うTHORトール)、SUBARUスバル)のJUSTYジャスティ)になります。

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、ルーミーのエクステリアになります。

残念ながら、新型ルーミーのエクステリア画像は、まだ出回っていないようです。

今回の一部改良では、エクステリアデザインの改良は然程、行われないという情報があるため、細かいデザインの改良に留まるものと思われます。

スポンサードリンク

インテリア

インテリアデザインについては、仕様変更があるという情報までは確定しているようです。

おそらく、インテリアパネルやシート表皮の仕様変更が、主な改良ポイントになると予想されています。

スポンサードリンク

安全装備

改良ポイント

初代ルーミーには、先進安全装備のスマアシⅡスマートアシストⅡ)が搭載されています。

今回の一部改良で、更に進化したスマアシⅢスマートアシストⅢ)が、搭載されます。

スマアシⅢの特徴

ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、
世界最小ステレオカメラを新搭載。

歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。

スポンサーリンク