レクサス 新型レクサスESが誕生!!日本では2018年秋に発売!?

シェアする

プラットフォーム・パワートレイン

プラットフォーム

新プラットフォーム採用による高剛性化・低焦点化のほか、ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションの採用や、ジオメトリーの最適化で、高い操縦安定性を確保。

しかも、ラック平行式電動パワーステアリングによる優れたステアリングレスポンスで、LEXUS独自の「すっきりと奥深い」走りを実現しています。

加えて低いヒップ見所やすり合わせ奥行きの広いステアリングにより、ドライバーが的確な操作を可能な運転姿勢としています。

歴代ESのDNAである優れた静粛性を実現するため、音源対策、吸音、遮音各々において、徹底的な作りこみを行いました。

具体的には、風洞実験による車体形状の検証や吸音材・遮音材の最適配置のほか、ノイズリダクションホイールや遮音性の高いアコースティックガラスの採用など、フラッグシップセダンLSで培った技術を継承しています。

なお、人が心地よく感じる周波数帯を解析し、エンジンやオーディオのサウンドと一致した心地よいな室内ゆとりスペースを用意します。

パワートレイン

2.5L直列4気筒エンジンは、吸気パフォーマンスの向上や燃焼室内の気流強化による高速燃焼で、世の中トップレベルの熱パフォーマンスを実現。

高い動力性能と環境性能を両立するとともに、優れたレスポンスを実現しています。

新型のトランスアクスルやPCUを採用し、ハイブリッドの持ち味である圧倒的な燃費性能はデフォルトに、ダイレクトな加速フィーリングを実現しました。

そして、ハイブリッドバッテリーを小型化し、リヤシート下に配置する事で、軽量化・低焦点化に加え、荷室容量の拡大にも寄与しています。

F SPORT

FSPORT”が特長とする、ドライバーの運転操作に忠実でより軽快な走行性能を実現するため、きめ細かい減衰力の制御を行うリニアソレノイド式AVSを採用したほか、パフォーマンスダンパーを車体の前後に配置し、ボディ剛性のバランスを向上させるとともに、細かい振動を減衰吸収。

優れた操縦安定性と上質な乗り心地を実現しました。

グリルメッシュとサイドグリルを現在までの縦メインカラーのメッシュを継承して成長させたブランド一体化の新しいFメッシュパターンを採用。

他にも、19インチアルミホイールやシート、ステアリング、メーターなど、軽快さを強調する内外装としています。

FSPORTの鋭く磨き上げられた走りを表現するため、日本刀の完成プロセス「刃取」に着想を得たFSPORT専門アルミオーナメントパネルを新製作。

最先端の生産技術で匠の研磨技術を再現し、日本刀の刃文を印象させる紋様を作り出しました。

スポンサードリンク

先進安全装備

LEXUSは、ワールドワイドトップレベルの先進確か技術をより早く製作し、より多くのクルマに拡大させていく事が大切との考慮しのもと、高度運転支援パフォーマンスである「LexusCoDrive」を含む防止安心パッケージ、第2世代の「LexusSafetySystem+」を内蔵します。

具体的には、目下、第1世代のLexusSafetySystem+に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はデフォルトに、各性能を発展させ、事故の防止や交通事故死傷者の更なる軽減と、ドライバーの負担和らげるを目指しています。

特にESでは、運転支援時にドライバーにとって自然で、心配無用感のある車両挙動を追求しました。

スポンサードリンク

LEXUS ES 主要諸元


全長:4,975mm

全幅:1,865mm

全高:1,445mm

ホイールベース:2,870mm

スポンサーリンク