レクサス 新型レクサスESが誕生!!日本では2018年秋に発売!?

シェアする

レクサス・ES

中国北京で4月25日〜5月4日に開催されている2018年北京モーターショー新型ESを世界初公開しました。

ESは、1989年にフラッグシップセダンLSとともに、LEXUS一番目のライン急上昇として誕生。

上質な乗り心地や静粛性、広い室内スペースで好評を博し、数多くの国・地域において基幹モデルとして、LEXUSの軌跡を築き上げてきました。

スポンサードリンク

ワールドプレミアの概要

新型ESは、今まで世界中でご愛顧頂いてきた顧客の見込みを超えるため、ESの原点と言える「上質な気持ちが良い性」を加えてパワーアップさせました。

しかも、フラッグシップであるLC・LSと同じくに、新世代LEXUSとして、意匠や走りも大きな変革を遂げています。

具体的には、低焦点なGA-Kプラットフォームを活用し、流麗かつ引き締まったエクステリアと広く気持ちが良いな室内ゆとりスペースを両立したほか、LEXUS独自のコンセプトに基づく、ドライビングの高揚感とくつろぎのスペースを融合した内装を実現。

他にも、新たなプラットフォーム・パワートレーンにより、歴代ESがDNAとして継承してきた上質な乗り心地を発展させるとともに、優れた操縦安定性で運転の気持ちよさを供給するなど、相反する要素を両立した「二律双生」を実現しています。

なお、第2世代「LexusSafetySystem+」などの最先端技術で、より安心に運転を満喫してで頂ける事を目指しました。

スポンサードリンク

エクステリア

GA-Kプラットフォームがもたらす焦点の低さを活用し、走りを予感させるワイド&ローのプロポーションを実現するとともに、フロントピラーの後方配置や、リヤピラーの傾斜で、引き締まったキャビン影姿を創出しました。

しかも、クラストップレベルの空力性能を目指したボディ形状や、広く心地よいな室内広がり、質感の高い細部の造形など、パフォーマンス美と上質さを追求しています。

スピンドルグリルは、鋭利に折り返すフレームと波紋のように連続する縦フィン形状のグリルメッシュをまとめ合わせ、ESのシャープなノーズを強調する形状としました。

その上小型の3眼LEDヘッドランプで、端整かつ鋭い表情を生み出しています。

リヤは、タイヤの踏ん張り感を強調する造形としたほか、3つのL字を層状に重ねた奥行きのある意匠としたリヤコンビネーションランプで、LEXUSとしてのパーソナリティーを際立たせています。

ボディ色彩は、端麗さを強調するアイスエクリュマイカメタリックや、絢爛かつ引き締まったフィーリングを与えるサンライトグリーンマイカメタリックといった新規製作色を含め、多彩なバリエーションを設定しました。

スポンサードリンク

インテリア

LEXUS独自の人間を中心としたゆとりスペースコンセプトに基づき、適した包まれ感でドライビングの高揚感を高めるコクピットと、乗客がくつろげるゆとりある広がりを融合させた内装としました。

センターコンソール・アームレストとの連続感を持たせた上下2分割構成の意匠とした前席シートバックは、ステアリング操作がしやすい肩形状としたほか、ディスプレイやスイッチ類を操作時の姿勢移り変わりや視点移し変えが少ない配置とする事で、運転に集中可能な広がりを創出しました。

そして、水平メインカラーのインストルメントパネルからドアトリムまで連続する構成によって、ゆとりスペースの空間を表現しています。

ドライビングポジションは、ペダル配置、ステアリングの傾角やすり合わせ奥行き、シートのサポート性など、徹底的な走りこみやデータ解析に基づく細部に固執したた配置としました。

後席は、広い足元のスペースによる開放感と、包み込まれるような心配無用感を両立しています。

しかも、シートは、心地よいな座り心地と上質な完成具合を追求するとともに、電動リクライニング性能を付与する事で、くつろぎの広がりを実現しています。

センターコンソール・ドアアームレストの表皮には立体的なパターンで加工を施すビスコテックスTM*2技術を採用しました。

深みのある表現で、室内広がりに適度な包まれ感と空間を色づけし、上品なフィーリングを付与しています。

スポンサーリンク