スバル 新型フォレスター全貌が判明!スタッフマニュアルが流出!!

シェアする

NEW FORESTER

ニューヨーク国際モーターショー2018で、ワールドプレミアされたばかりのスバルSUBARU)の大人気クロスオーバーSUVフォレスターFORESTER)の、スタッフマニュアル社外秘資料)を入手しました。

今回は、新型フォレスターのスタッフマニュアルの一部をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

グレード設定

フォレスターのグレードは、標準グレードとなる「ツーリング(Touring)」、上級グレードの「プレミアム(Premium)、先進グレードの「アドバンス(Advance)」、タフギアグレードの「エックスブレイク(X-BREAK)」の4つのグレードが設定されます。

グレードの特徴

Touring

フォレスターならではの本格SUV性能と総合安全性能を兼ね備えたベーシックモデル

Premium

18インチアルミホイールなど上級装備で、上質感と快適性を高めたモデル

Advance

e-BOXER・ドライバーモニタリングシステムなどの先進装備でスバルSUVの新しい価値を提案

X-BREAK

アクティブライフをサポートする機能を装備し、オレンジのアクセントカラーを採用し、スポーティなデザインが特徴

スポンサードリンク

パワートレイン

新型フォレスターのパワートレインは、SUVならではの力強さを発揮する新開発2.5L 直噴エンジンモーターアシストによる先進的な走りが楽しめるe-BOERが搭載されます。

2.5L 直噴エンジン

新型フォレスターに相応しい機動力を実現するために、2.5L 直噴エンジンを新開発しました。

SUVに求められる力強さと環境性能を両立させることに成功しました。

フォレスターらしい逞しさと信頼性の高さを感じさせるパワートレインになっています。

水平対向エンジン+e-BOSER

モーターアシストによる軽快な加速レスポンスが楽しめる、SUBARU独自の水平対向エンジン+電動技術のe-BOXERをフォレスターに新搭載しました。

SUVの新しい走りの愉しさを提案します。

e-BOXER

スバルらしい走りの愉しさに加え、環境にも配慮した水平対向エンジン+電動技術の総称となっています。

スポンサードリンク

走行性能

新開発の2.5L直噴エンジンを搭載することで、ゆとりある動力性能が、加速性能はもちろん、悪路走破性にも威力を発揮します。

あらゆるシーンでSUVらしい力強い走りが楽しめます。

スペック

排気量:2,498cc

燃料供給装置:DI(筒内噴射)

ボア・ストローク:94.0mm ✕ 90.0mm

最高出力:184PS/580rpm

最大トルク:239Nm/4400rpm

燃費性能:14.6km/L

スポンサーリンク