BMW X5がフルモデルチェンジし新型X5デビュー!?ワールドプレミアは?

シェアする

BMW・X5

ドイツの高級自動車メーカーのBMW社が、2000年から製造販売を行っているクロスオーバーSUVの「X5エックスファイブ)」が、フルモデルチェンジされ、新型X5が誕生するという情報をキャッチしました。

現在、世界中で販売されているX5は、3代目X5となっており、2013年に発売されました。

今回のフルモデルチェンジで、4代目X5となります。

そんな4代目X5と思われるプロトタイプのX5が目撃されました。

スポンサードリンク

スパイショット第一弾

画像引用元:AUTOCARJAPAN

こちらが、2016年に初めてスパイショットされた次期型X5のエクステリアになります。

カモフラージュが強いため、正直、何のクルマか見分けがつきませんね。

スポンサードリンク

スパイショット第二弾

画像引用元:Response

こちらが、海外でテスト走行されている新型X5プロトタイプのエクステリアになります。

スパイショット第一弾でご紹介させて頂いたものよりもカモフラージュが弱くなり、新型X5と分かりますね。

画像引用元:Response

ヘッドライトは、鋭い切れ長のデザインを採用していることが確認できます。

また、3代目X5よりも大型化されたキドニーグリルが特徴的でインパクトがありますね。

フロントバンパーに設置されたエアーダクトには、3本フィンが採用され、立体感のあるデザインになっていますね。

バンパー中央部には、衝突回避のために使用されるセンサーのようなものも装備されていることが確認できます。

スポンサードリンク

プラットフォーム

(参考)7シリーズのプラットフォーム

新型X5のプラットフォームには、現行7シリーズにも採用されている「CLAR(クラスターアーキテクチャー)」が採用されるようです。

CLAR(クラスターアーキテクチャー)は、スチールアルミカーボンマグネシウムの素材で構成され、車両重量の軽量化されるといわれています。

現行モデルは、車両重量が2,30kg程度あるため非常に重たいですね。

この新型プラットフォームを採用することで、約20%の軽量化ができるといわれています。

更に、ねじれ剛性も強化され、低重心化も可能のようです。

パワートレイン

新型X5のパワートレインには、2.0L 直列4気筒ツインターボエンジン3.0L 直列6気筒ツインターボエンジン、ハイブリッドエンジン(HV)、プラグインハイブリッド(PHEV)、4.4L V型8気筒ツインターボエンジンがラインナップされるようです。

ワールドプレミア

次期型X5のワールドプレミアの時期ですが、2018年9月頃に行われるようです。

現時点での情報ですので、多少前後する可能性はありますね。

スポンサーリンク