ランボルギーニ 新型SUVのウルス(Urus)デビュー間近!!ファミリーカーとしても使えるかも?

シェアする

ランボルギーニ・ウルス

イタリアの高級自動車メーカーのランボルギーニLamborghini)が、世界的SUVブームの真っ只中にデビューさせる「ウルスUrus)」の発売が迫ってまいりました。

ランボルギーニといえば、アヴェンタドールウラカンを始めとするスポーツカーで有名な自動車メーカーですね。

「ランボルギーニのSUVってどうなの?」

って思う方もいるかもしれませんが、実は、以前に現代のSUV車と異なりますが、オフロードカーを販売していたことがあるのです。

こちらが、以前に販売されていた本格オフロードカーの「LM002」というクルマになります。

アメリカ軍向けに開発された「LM001チーター」をベースに市販化されたものになっています。

本題とは少しずれてしまいましたが、実質的にいうと、ランボルギーニのラグジュアリーSUVとしては、ウルスが初めての車両となるようです。

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、ウルスのエクステリアになります。

インパクトのあるイエローのボディカラーになっていますね。

日本の自動車メーカーとは違い、ボディラインがスポーツカーのようなラインになっていますね。

フロントビューは、スポーツカーに見え、サイドビュー・リアビューからの見た目は、SUVといった感じに仕上がっていますね。

ポルシェマセラティのSUVに近い感じのエクステリアですね。

スポンサードリンク

インテリア

こちらが、ランボルギーニ・ウルスのインテリアになります。

さすがに、高級自動車メーカーのインテリアはすごいと感じます。

素材ひとつひとつこだわったものを使用していますね。

メーターは、デジタルメーターを採用しています。

ダッシュボードにも、ランボルギーニのオーナメントプレートが装着されています。

スポンサードリンク

スペック

新型ウルスのプラットフォームには、アウディの新型アウディA4や新型アウディQ5にも採用される「MLB Evoプラットフォーム」を採用されるようです。

パワートレインには、アウディ製4.0L ツインターボV8エンジンが搭載されます。

ボディサイズ

全長:5,112mm

全幅:2,016mm

全高:1,638mm

ホイールベース:3,003mm

4.0 L V8 ツインスクロール・ターボのスペック

最高出力:478w(650ps)/6,800rpm

最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2,240-4,500rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

0-100km/h加速:3.6秒

0-200km/h加速:12.8秒

最高速度:305km/h

芸能人も注目している

画像引用:https://ameblo.jp/kawasaki-nozomi/entry-12350985002.html?frm_src=thumb_module

アパレルデザイナーの川崎希アレク夫妻も新型ウルスを検討しているようです。

奥さんの稼ぎで、この高級車を乗り回すアレクが羨ましいですね。

今から注文しても納車は、約2年待ちのようです。

2年ってどんだけ長いんだよってなっちゃいますね・・・

スポンサーリンク