自動運転のシャトルバスナビヤ(NAVYA)が事故!?しかも運行初日に起きてしまった!事故画像は?事故原因は?

シェアする

人気記事

事故概要

アメリカラスベガスで、試験運用を開始した自動運転シャトルバスNavya事故を起こしてしまいました。

8人を乗車し、自動運転走行して約1時間ほどで、トラックトレーラー)と接触してしまったそうです。

スポンサードリンク

事故原因

トラックがバックしてきて、そのまま接触したそうです。

トラック運転手の不注意により発生したと報じられています。

当時、シャトルバスは、トラックがバックしてきたため緊急停止していた模様です。

緊急停止したバスに、トラック側が接触してきたため、今回の事故が発生したと報じられています。

今回の事故では、自動運転バス側の落ち度はなかったそうです。

スポンサードリンク

乗客のコメント

「シャトルがじっとしてるから『当たる!』と思った。次の瞬間、実際に当たった。そのシャトルには、バックする能力がなかった。じっと、止まってただけみたいだね。」

スポンサードリンク

被害状況

今回の事故では、幸運にも負傷者はいなかったと報じられています。

事故は、軽い接触事故のため、Navya、トレーラーの車体がキズついただけだったようです。

Navya開発者のコメント

シャトルバスNavyaの開発者は、今回の事故について、自動的に緊急停止させてバックしてきたトラック側の運転手が気づいてくれるだろうと想定したのですが、実際はそうはいかなかった。とコメントしています。

しかし、現代の交通事情を見てみると今回の事故は、日常的に起こりうる事故の一つでもあり、自動運転の難しさを痛感させられたようです。

事故報道

まとめ

自動運転バスの試験走行開始日に事故が起きてしまうなんて不運ですね。

しかし、自動運転技術が確立されていない中で、バスに乗車しようとは思いませんね。

自動運転を推奨する前に、技術革新が必要と考えます。

ただの移動手段ではなく、乗車する人々は、命を預けるのですから今回の事故で不安が増えるのではないでしょうか。


あわせて読みたいバス事故に関する記事はこちら

福祉施設ささゆり作業所のマイクロバスが転落!!