シェアする

ホンダ シャトル(SHUTTLE)が発売3年目でマイナーチェンジ!!新型シャトルの燃費は?発売日は?価格は?

シェアする

人気記事

本田技研工業Honda)が、2015年より製造販売しているステーションワゴンの「シャトルSHUTTLE)」が発売より3年目を迎えマイナーチェンジされ新型シャトルへと進化するという情報を入手しました。


あわせて読みたいホンダ・アコードに関する記事はこちら
ホンダ アコードがダウンサイジングターボ搭載で新型アコードへ!!

スポンサードリンク

シャトルとは?

シャトルは、本田技研工業が「アウトドアや趣味をユーザーに楽しんでもらえるように独自開発した付加価値を反映した車種」になります。

ボディサイズは、使い勝手の良い「5ナンバーサイズ」の「ステーションワゴン」になります。

現在は、「シャトル」という車名で販売されていますが、先代モデルの車名は「フィットシャトル」で販売されていました。

現行モデルが発売されると同時に、「フィット」とは異なる販売戦略になったため「シャトル」という車名になったそうです。

スポンサードリンク

車名の由来は?

先代モデルの「フィットシャトル」の由来を継承し、「人と荷物を安全に、そして先進の技術で運ぶ」というイメージの「スペースシャトル」の「シャトル」が車名の由来になっているようです。

今回のネーミングでは、ホンダ独自の表現方法でユーザーへ「SHUTTLE=コンパクトステーションワゴン」という印象を与えたいという意図もあったとも言われています。

スポンサードリンク

マイナーチェンジの内容は?

エクステリアは?

今回のマイナーチェンジでのエクステリアが一部デザインが改良されます。

ヘッドライトユニットのデザイン変更、フロントバンパー及びリアバンパーの形状変更、フォグランプのLED化されるようです。

インテリアは?

インテリアも使い勝手がいいように改良されれようです。

代表として、画像にもあるようにセンターコンソールのドリンクホルダーが改良されるようです。

他には、「ドアライニングアームレスト」の「ソフトパッド化」されるようです。

快適装備には、「プラズマクラスター搭載フルオートエアコン」が搭載され、更には、「左右独立温度調節式エアコン」になるようです。

従来までは、フィットシャトルのインテリアデザインを継承していたため、安っぽいデザインになっていましたが、今回のマイナーチェンジ後より高級感を増したデザインを取り入れ差別化を図るようです。

パワートレインは?

マイナーチェンジ後のシャトルには、「第二世代i-DCD」のハイブリッドエンジンを搭載するようです。

燃費についても、35.0km/L~36.0km/Lへ向上されると予想されています。

環境にも良いアトキンソンサイクルの「i-VTECエンジン」と「高出力モーター」を内蔵した「デュアルクラッチトランスミッション」を融合した「SPORT HYBRID i-DCD」になるそうです。

また、ギア比などはシャトル専用にセッティングされるためスムーズな走りを実現できると言われています。

スポンサードリンク