日産 フーガ(FUGA)が約9年ぶりのフルモデルチェンジで新型フーガへ!!エクステリアは?自動運転は?発売時期は?価格は?

シェアする

人気記事

2004年から日産自動車が、高級ブランド「INFINITY」の車両を生産してる「日産自動車栃木工場」で生産している高級セダン「FUGAフーガ)」が約9年ぶりにフルモデルチェンジされるという情報を入手しました。


あわせて読みたいトヨタ新型クラウンに関する記事はコチラ
トヨタ クラウン(CROWN)がフルモデルチェンジ新型へ!!

フーガとは?

フーガは、以前に製造販売していた「セドリック」、「グロリア」の後継車種として発売されたクルマになります。

「セドリック」、「グロリア」が販売されていた頃は、「日産ブルーステージ」にて「セドリック」が販売され、「日産レッドステージ」にて「グロリア」が販売されていましたが、「フーガ」は両販売店で取り扱いし販売されるようになった先駆けの車種になります。

また、フーガの販売は日本国内だけには留まらず、「北アメリカ」、「ロシア」、「中国」、「韓国」などでも販売されています。

仕向地が海外の場合は、「INFINITY」の「Mシリーズ」として販売され、2014年のマイナーチェンジを機に「Qシリーズ」へと変更され販売されています。

スポンサードリンク

エクステリアは?

こちらが新型フーガのエクステリアデザインの基本ベースとなる「インフィニティQ80インスピレーション」のエクステリアになります。

コンセプトモデルになっているため、未来的なデザインになっていますがヘッドライトユニット、グリルやリアコンビネーションランプは、このデザインがベースとなり市販モデルのデザインが設計されると思われます。

ドアですが、「ロールスロイス」を想像させられる「観音開き」のドアを採用していますね。

ボディサイズは?

全長:4,980mm
全幅:1,850mm
全高:1,480mm
ホイールベース:2,950mm
車両重量:1700kg