シェアする

ホンダ 新型N-BOX(エヌボックス)の発売日が決定!!嬉しい装備が付いて2017年8月31日発売!!

シェアする

人気記事

本田技研工業(Honda)が製造販売している「N-BOX(エヌボックス)」と「N-BOXCustom(エヌボックスカスタム)」がフルモデルチェンジします。

フルモデルチェンジされた新型N-BOXの発売日が決定しました。


あわせて読みたいダイハツ新型タント・タントカスタムはコチラ
ダイハツ 新型タントカスタム ・ タント が フルモデルチェンジ!

Sponsor Link

新型N-BOXの改良点は?

車両重量の軽量化

現行モデルのN-BOXの主要部品などを大幅に見直しを行うことで、車体重量を「約80kg」軽量化することに成功しました。

見直しを行った部品の割合は、なんと全部品の90%に及びます。

スーパースライドシート

助手席のスライドする幅を大幅にアップさせています。

スライド幅は、脅威の57cmスライドになっています。

スーパースライドシートのメリットをご紹介いたしましょう。

  1. 後部座席のお子様との距離が近い
  2. 後部座席側や助手席側から運転席への移動が楽々行えます
  3. 休憩中などで後部座席の乗員との会話する距離が近く楽しめる
  4. 運転席側から乗車及び降車できない際に助手席側から楽々乗り降りできます

Honda SENSING(ホンダセンシング)を全車に標準搭載

安全装備の「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全グレードに標準搭載します。

Honda SENSINGの機能一覧

  1. 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  2. 誤発進抑制機能
  3. 歩行者事故低減ステアリング
  4. 路外逸脱抑制機能
  5. ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  6. LKAS〈車線維持支援システム〉
  7. 先行車発進お知らせ機能
  8. 標識認識機能
Sponsor Link

Honda SENSING+αを搭載!?

後方誤発進抑制機能

新型N-BOXには、「後方誤発進抑制機能」が標準搭載されます。

シフトがリバースの状態の時に、後方に障害物がある状況でアクセルを踏み込んだ場合、京劇な後退を抑制する安全機能になります。

オートハイビーム

先行車や対向車を検知し、自動的にハイビーム・ロービームを切り替え前方の視界を確保します。

安全機能の注意点

■衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

■誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h~約40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

■路外逸脱抑制機能は約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
■ACCは、約30km/h~で作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

■LKAS〈車線維持支援システム〉は、約65km/h~で作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

■先行車発進お知らせ機能は、先行車との車間距離が約10m以内で、先行車の発進を検知しても自車が停止し続けたときに作動します。

■標識認識機能は最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の標識を認識し、マルチインフォメーション・ディスプレイに表示します。一時停止、車両進入禁止は約60km/h以下で作動します。自車の単眼カメラから見て、車両等の陰になった道路標識は認識することができません。

■後方誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で後退しているとき、自車のほぼ真後ろの近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ際に、エンジン出力を抑制し、急な後退を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

■オートハイビームは、約30km/h以上で走行中に作動します。ハイビームとロービームの自動切り換え制御には状況により限界がございます。つねに周囲の状況を確認し、必要に応じて手動で切り換え操作を行ってください。

Sponsor Link

ボディカラーは?

プレミアムホワイトパールⅡ

ルナシルバー・メタリック

シャイニンググレー・メタリック

クリスタルブラックパール

プレミアムグラマラスブロンズパール

ブリリアントスポーティーブルーメタリック

プレミアムベルベットパープルパール

プレミアムホワイトパールⅡ&ブラック

ミラノレッド&ブラック

ブリリアントスポーティーブルーメタリック&ブラック

プレミアムグラマラスブロンズパール&シルバー

クリスタルブラックパール&レッド

Sponsor Link

グレード設定・発売日は?

N-BOXおよびN-BOXcustomのグレード設定

スーパースライドシート仕様:G・EXターボ/G・EX

ベンチシート仕様:G・Lターボ/G・L/G

N-BOXおよびN-BOXcustomの発売日

約2ヶ月後の2017年8月31日に発売することが本日決定しました。

もうすでに、販売店の営業マンと予約注文の商談を行っている方もいるでしょうね。

まとめ

フルモデルチェンジされる新型N-BOXと新型N-BOXcustomの改良点で搭載されるホンダセンシングは注目の的になりそうですね。

軽自動車の中でも高級車の部類に入ってしまう機能が満載ですね。

スーパースライドシートは、アルファードやヴェルファイアみたいです。

女性の方には嬉しい機能が付いて進化しています。


あわせて読みたいダイハツ新型タント・タントカスタムはコチラ
ダイハツ 新型タントカスタム ・ タント が フルモデルチェンジ!

Sponsor Link