フェラーリ 488GTB が マイナーチェンジ で 新型へ!!目撃情報も!? エクステリアは? スペックは?

シェアする

人気記事

イタリアの高級スポーツカーメーカーのフェラーリFerrari)が製造販売している「488GTB」のマイナーチェンジ情報を最速キャッチしました。

あわせて読みたいランボルギーニアヴェンタドールの記事はコチラ
ランボルギーニアヴェンタドールSの驚愕の販売価格とは!?

フェラーリ・488GTBとは?

フェラーリ488GTBは、2015年1月31日に「謎の新型車」として情報公開されました。

新型車のキーワードは「デザイン」という単語が発表されただけだったそうです。

次に公開された情報は、夜の道路を走行する動画が公開され、「458イタリア」をベースに改良された「458M」や「F8」の車名になると噂されていました。

また車名の噂と同時に、「カルフォルニアT」に搭載されていた「ターボチャージャー」が搭載するなどの噂も流れていました。

2015年2月3日に、「488GTB」と正式に発表され、「458イタリア」の改良車種と判明しました。

コンセプトは、8気筒モデルの歴史の新たな一歩

フェラーリが市場へ初めて投入した「ミッドシップV8モデル」の「308GTB」の登場から40年が経過し、跳ね馬(プランシング・ホース)は「V8モデル」の新しい歴史に一歩踏み出したのが「488GTB」です。

このモデル名は、ヒストリック・フェラーリの命名法に立ち返り、ネーミングされました。

つまり、「488」は、搭載するエンジンの1気筒あたりの排気量であり、「GTB」は、Gran Turismo Berlinettaの頭文字です。

この新型車輌は、かつてないほどの高い性能を実現しただけでなく、サーキット経験のない一般的なドライバーであっても、アグレッシブなまでのエンジン出力を余すことなく活用し、高いレベルのドライビング・コントロールを可能としました。

スポンサードリンク

スペックは?

ボディサイズは?

  • 全長 ✕ 全幅 ✕ 全高:4568 mm ✕ 1952 mm ✕1213 mm
  • ホイールベース:2650 mm
  • フロント・トレッド:1679 mm
  • リア・トレッド:1647 mm
  • 空車重量:1475 Kg
  • 乾燥重量:1370 Kg
  • 燃料タンク容量:78 リットル

エンジンスペックは?

  • 形式:V8 – 90°ターボ ドライサンプ
  • 総排気量:3,902CC
  • ボア & ストローク:86,5 x 83 mm (3.4 x 3.3 in)
  • 最高出力:492 kW (670 CV) at 8000 rpm
  • 最大トルク:760 Nm at 3000 rpm in VII gear
  • 比出力:172 cv/l
  • 圧縮比:9.4:1

大迫力のエンジン音

パフォーマンスは?

  • 最高速度:330 km/h 以上
  • 0-100 km/h:3,0 秒
  • 0-200 km/h:8,3 秒
  • 0-400m:10,45 秒
  • 0-1000m:18, 7 秒
スポンサードリンク

新型488GTB(F588)の最新情報

新型フェラーリ488GTBは、ドイツの北西部に位置するスポーツカーの聖地「ニュルブリンク」のオールドコースを走行するところをスパイショットされました。

スクープされた画像をご覧になっても現行型と新型との判別が非常に難しいですね。

マイナーチェンジといえども改良型なのでエクステリアはほとんど変わっていませんね。

これが「フェラーリ流マイナーチェンジ」なのです。

現行型は、「90度V型8気筒エンジン」の「3902cc」ですが、改良型には「6L V型12気筒エンジン」を搭載しているようです。

発表時期は、2019年9月頃になると予想されています。

あわせて読みたいランボルギーニアヴェンタドールの記事はコチラ
ランボルギーニアヴェンタドールSの驚愕の販売価格とは!?