シェアする

エクストレイル が 2017年中に マイナーチェンジを行い 新型X-TRAILへ!よりスタイリッシュなデザインへ!

シェアする

人気記事

日産自動車が、2000年から製造販売を行っているミドルサイズクロスオーバーSUVの「エクストレイルX-TRAIL)」が2017年中にマイナーチェンジされると情報を入手しました。

現行モデルは、2013年にフルモデルチェンジされた3代目エクストレイルになります。

このクルマは、世界的SUVブームの中、ハイブリッドSUVを発売したモデルで注目を浴びましたね。

大人気SUV新型ハリアーの記事はコチラ
トヨタ 新型ハリアー 車両本体価格とオプション価格を独自入手!!最速公開!!

スポンサードリンク

エクストレイルの歴史

  • T30型エクストレイル(初代)

初代エクストレイルは、2000年から2007年まで販売されていました。

日本向けに用意されたエンジンは、2.0Lガソリンエンジンの「自然吸気」と「ターボ」の2種類設定されました。

海外向けには、2.5Lガソリンエンジンのみ設定されていました。

  • マレーシア向けエクストレイル

  • 台湾向けエクストレイル


  • T31型エクストレイル(2代目)

    2代目エクストレイルは、2007年から2015年まで販売されていました。
    排ガス規制問題の影響を受け、このフルモデルチェンジにてターボ車は廃止されてしまいましたので、2.0Lと2.5Lガソリンエンジンのみ設定されました。
    20Xグレードの4WDのみに「6AT」仕様を設定があります。
  • 自衛隊仕様のエクストレイル
  • エクストレイルクリーンディーゼル


    T31エクストレイルのマイナーチェンジでは、ポスト新長期規制に世界初クリアしたクリーンディーゼルのエクストレイルが発売されました。

  • T32型エクストレイル(3代目)
    3代目エクストレイルは、2013年から現在も販売されています。このモデルは、ガソリン仕様、クリーンディーゼル仕様、ハイブリッド仕様の3ラインナップされています。ハイブリッド仕様については、世界で初めてSUV車にハイブリッドシステムを搭載したとして注目を浴びました。
  • ハイブリッドエクストレイル
  • 中国仕様のエクストレイル
  • ヨーロッパ仕様のエクストレイル
スポンサードリンク

新型エクストレイルのエクステリアは?

画像は、エクステリアの兄弟車の新型ローグになります。

この2車種は共通している部分が多いため、マイナーチェンジ後はローグのようなエクステリアになるのではないでしょうか。

主な改良点

  • LEDヘッドライトユニットへ変更
  • Vモーションデザインを強調したグリルへ
  • 前後バンパーのデザイン変更
  • リアコンビネーションランプのLED化
  • サイドミラーのデザイン変更
  • ルーフアンテナをシャークフィン化

ボディカラー

  • バーニングレッド
  • チタニウムカーキ
  • ブリリアントホワイトパール
  • ブリリアントシルバー
  • ダークメタルグレー
  • ダイヤモンドブラック
  • プレミアムコロナオレンジ(追加予定)
  • ギャラクシーゴールド(追加予定)
  • オリーブグリーン(追加予定)
  • ガーネットレッド(追加予定)
  • シャイニングブルー(追加予定)
  • インペリアルアンバー(追加予定)
  • キャニオンブロンズ(廃止予定)
  • スチールブルー(廃止予定)
スポンサードリンク

新型エクストレイルのインテリアは?

ローグのインテリア画像になりますが、新型エクストレイルのインテリアは、質感アップ、快適機能の追加を予定されています。

主な改良点

  • 2列目シートのリクライニング機能を追加
  • スライド機能の追加
  • センターアームレストスルー構造
  • 荷室拡大による積載量アップ
  • パワーバックドア機能追加
スポンサードリンク

パワーユニット・ボディサイズは?

今回のマイナーチェンジで搭載されるとしているパワーユニットのスペックをご紹介します。

  • ガソリンエンジンの仕様
    ・2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン
    ・最高出力:147ps/6000回転
    ・最大トルク:21.1kgf.m/4400回転
    ・駆動方式:FF・4WD
    ・JC08燃費:FF16.4km/l・4WD16.0km/l
  • ハイブリッドエンジンの仕様
    ・2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン
    ・最高出力:147ps/6000回転
    ・最大トルク:21.1kgf.m/4400回転
    ・モーター
    ・最高出力:41ps
    ・最大トルク:16.3kgf.m
    ・駆動方式:FF・4WD
    ・JC08燃費:FF 20.6km/l・4WD 20.0km/l
  • クリーンディーゼルエンジンの仕様
    ・2L直列4気筒コモンレールディーゼルエンジン
    ・最高出力::173PS /3,750rpm
    ・最大トルク:36.7kgf·m /2,000rpm
  • ボディサイズ
    ・全長:4650mm
    ・全幅:1820mm
    ・全高:1715mm
    ・ホイールベース:2705mm

安全機能・自動運転は?

新型エクストレイルには、「EMERGENCY BRAKE PACKAGE “エマージェンシーブレーキ パッケージ”」が搭載されます。

エマージェンシーブレーキ


フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内のディスプレイ表示やブザーによりドライバーに回避操作を促す。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減する。エクストレイルは、「ぶつからないクルマ」にこだわり、衝突回避性能を向上するための最先端テクノロジーを積極的に採用している。

踏み間違い衝突防止アシスト

駐車操作などで、クリープ走行を含む低速走行時、進行方向に壁などの障害物がある場合に、万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んでしまったときに、ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで警告。さらに、自動的にエンジン出力やブレーキを制御することで、障害物への衝突防止や過度の加速の防止を支援する。壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、前進時にも後退時にも衝突回避をアシストする。

LDW(車線逸脱警報)・進入禁止標識検知

フロントカメラによりレーンマーカーを検知し、意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合、メーター内のディスプレイ表示とブザーで注意を喚起する。

フロントカメラにより前方の車両進入禁止標識を検知し、進入禁止路へ進入する可能性がある場合に、ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで知らせる。

自動運転機能については、「セレナ」にも搭載されている「パイロットドライブ 1.0」が搭載されます。

恐らく、オプションで選択可能になると思われます。

また自動運転に付随して、車線逸脱防止支援「インテリジェントLI」、後退時支援「RCTA」、ハイビームアシストも装備され機能の拡充が行われます。

注目機能としては、アラウンドビューモニターが社外ナビゲーションでも使用できるように改良されます。

従来までは、メーカーナビ装着が条件でしたが、今回のマイナーチェンジで無条件でアラウンドビューモニターが使用できるようになります。

発売時期・価格は?

新型X-TRAILの発売時期は、2017年6月中に発売されるようです。

車両販売価格ですが、現行よりも若干値上げされると予想されています。

現行価格+5万円から10万円程度と予想されます。

オプション次第では大幅にアップするかもしれませんね。


大人気SUV新型ハリアーの記事はコチラ
トヨタ 新型ハリアー 車両本体価格とオプション価格を独自入手!!最速公開!!

スポンサードリンク