ランドクルーザーが保有期間が長い車と判明!盗難方法や手口も判明!

シェアする

人気記事

ランドクルーザーがオーナーの平均保有期間の長い車と判明

オーナーの保有期間が長い車のランキング10位がこちらです

  • 1位 トヨタ・ランドクルーザー / 10.6年
  • 2位 ポルシェ・ボクスター / 9.9年
  • 3位 フォード・エクスペディション / 9.0年
  • 4位 メルセデス・ベンツ SLK / 9.0年
  • 5位 フォード・エクスプローラー / 8.9年
  • 6位 トヨタ・セコイア / 8.9年
  • 7位 シボレー・コルベット / 8.8年
  • 8位 トヨタ・アバロン / 8.8年
  • 9位 トヨタ 4ランナー / 8.8年
  • 10位 アウディ TT / 8.8年

このような順列になっています。
車体の低いスポーツカーと、SUVが占めました。

また、平均保有年数は過去最長の7.3年となっているようです。
理由としては、やはり自動車の寿命が伸びているということがあげられますよね。

とくにトヨタのSUV「ランドクルーザー」は特に長いというデータがでています。
この数値は、アイシーカーズが13年から16年までの間に初代オーナーが売却した1570万台について調査や分析をした結果の数字のようです。

また、アメリカの消費者の傾向は人気モデルではない車種に親しみを強く感じる人が多いと言われています。

そんな中、盗難されるほど人気のランドクルーザーの盗難手口がネットで公開されていましたのでそちらを紹介しますね。

スポンサードリンク

ランドクルーザーの盗難手口方法がこちら

ディスカバリーとかの動画でしょうかね。手際よく再現されています。

まずイモビカッターを使用します。
イモビカッター

次にランクルの給油口を開けて何やら配線を引出していますね。
ランドクルーザー給油口

次に配線をつないでますね。
ランドクルーザー直結

こちらがランクルの配線図ですが、給油口からスターター部分までつながっているというわけですね。
配線ランドクルーザー

通電することでテールが点きます。
テールランプ

このあとは、ランクルのシステムを操作します。

当然、素人が真似できるわけではないので、辞めておきましょう。
なるべく盗難されないように対策が必要ですね。
盗難に注意している人の多くは、シャッター付きガレージなどを利用していますが、やはりシャッター付きというのは効果的ですよね。
また、振動などで警報がなったりするようにしたり、愛車が盗まれないように防犯装置などの意識を心がけると効果的です。

このような傷を付けられるようですね。

注意したいものですね。