シェアする

レクサス NX マイナーチェンジ新型モデルの詳細情報は?予約開始日は?発売日は?

シェアする

人気記事
Sponsor Link

レクサス新型 NX続報

先日の上海モーターショーで初公開されたレクサスの新型SUVNX」の最新情報をキャッチしましたので続報をお伝えしますね。

今回は、予約開始時期、発売時期、画像など詳細についてご紹介致します。

みんなが読んでるレクサスNXの記事はコチラ
上海モーターショーでマイナーチェンジ新型NXを公開!!

レクサスNX第17回上海モーターショーでマイナーチェンジ新型NXを初公開

Sponsor Link

マイナーチェンジ情報(5月時点)


グレード名称が、「NX200t」から「NX300」へ変更になります。


前回の記事でも紹介させて頂いた通り、エクステリアデザインが変更されカッコよくなります。


公開までの思惑では、3.5リッターエンジンが追加されると言われていましたが今回のマイナーチェンジでは現行モデルから変更はありません。


アダプティブハイビームシステム(AHS)が採用され、一部グレードにはオプション設定になる見通しです。


「LX」、「RX」にも採用されている「シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」が搭載されます。


ナビゲーションのサイズが、「10.3インチ」のワイドモニターへ大型化されます。


インテリアパネルのエアコン操作周辺などにメッキパーツのスイッチを使用し質感もアップされ高級感が増しました。

更にアナログ時計がGPSより時間を受信できる仕様へ変更され精度がアップしました。


パネルには、アルミ素材を採用し、ウインドウスイッチがメッキパーツ付きのものになります。


Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム)が全車に標準装備されます。


アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を搭載。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

インテリジェンスクリアランスソナーは、オプション設定になります。


リヤクロストラフィックアラート[RCTA]は、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター[BSM]のレーダーにより検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーでドライバーに注意を喚起。リヤクロストラフィックオートブレーキ[RCTAB]は、レーダーで検知後、衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで障害物との衝突被害を軽減します。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)はオプション設定になります。

Sponsor Link

予約開始日と発売日は?

予約開始は、2017年7月13日より全国のレクサスディーラーにて予約が受付されるようです。

また公式記者発表は、2017年9月14日に行われるようです。

上海での初公開から予約開始日までの期間が思った以上に早く行われるのには驚きですね。

Sponsor Link

まとめ

大人気のNXが高級感を増して良くなりましたね。

安全性能についても向上されより安全に運転できるようになりますね。

今回は、以前にお伝えした内容と重複するところもありますが、改めて続報をお伝えしました。

みんなが読んでるレクサスNXの記事はコチラ
上海モーターショーでマイナーチェンジ新型NXを公開!!

レクサスNX第17回上海モーターショーでマイナーチェンジ新型NXを初公開

NX以外のクルマの記事もありますのでご覧になってくださいね。

Sponsor Link