ベントレーは若い富裕層が購入するクルマって知ってましたか?

シェアする

Sponsor Link

高級車でも知られるベントレーの年間販売台数

2016年に販売されたベントレーの販売台数は、430台であった。
しかも最も多く販売されたモデルが、クーペタイプの「コンチネンタルGT」で「207台」であった。
次に、セダンタイプの「フライングスパー」が「115台」でした。
次に、発売されたばかりの高級SUVの「ベンテイガ」が「85台」でした。
次に、フラッグシップセダンの「ミュルザンヌ」が「18台」でした。

ちなみに「ベントレー」が過去最高に販売されたのは、2006年に記録された「530台」であった。
尚、リーマンショックでは過去最低販売台数を記録した。
リーマンショック以降は、軒並み前年対比を上回った販売台数になっているようです。

Sponsor Link

ベントレーの車両本体価格

ミュルザンヌスピード(2017年モデル):38,000,000円(税込み)
ミュルザンヌ(2017年モデル):34,700,000円(税込み)
フライングスパーW12S:26,650,000円(税込み)
フライングスパー(2017年モデル):24,350,000円(税込み)
フライングスパーV8S(2017年モデル):21,000,000円(税込み)
フライングスパーV8(2017年モデル):19,450,000円(税込み)
コンチネンタルGTスピード(2017年モデル):27,100,000円(税込み)
コンチネンタルGTスピードコンバーチブル(2017年モデル):29,300,000円(税込み)
コンチネンタルGT(2017年モデル):24,300,000円(税込み)
コンチネンタルGTコンバーチブル(2017年モデル):26,500,000円(税込み)
コンチネンタルGTV8S(2017年モデル):23,100,000円(税込み)
コンチネンタルGTV8Sコンバーチブル(2017年モデル):25,300,000円(税込み)
コンチネンタルGTV8(2017年モデル):21,500,000円(税込み)
コンチネンタルGTV8コンバーチブル(2017年モデル):23,700,000円(税込み)
コンチネンタルGTV8Sムーンクラウドエディション(2017年モデル):24,100,000円(税込み)※日本市場限定車
ベンテイガ(2017年モデル):27,390,000円(税込み)

Sponsor Link

ベントレー購入者の年齢層

昨年度の購入者全体での平均年齢は、53歳でした。
モデル別購入者の平均年齢は、コンチネンタルGTで平均年齢52歳、ベンテイガで平均年齢49歳でした。
人気のSUVベンテイガは、20から30代の購入者が増えているようです。

Sponsor Link

ベントレーを購入する人と地域

会社の経営者医療法人学校法人のオーナーの人が多いようです。
購入される人が多い地域は、東京都の方が全体の75%も占めているそうです。
次に大阪府の方が約20%購入しているです。
残りの約5%については、広島福岡名古の方だそうです。

まとめ

ベントレー全車種の車両本体価格が一般の自宅を購入できる価格となっているのにも20から30代の方々が購入されていることに驚かされました。
「ベントレー」のクルマは、一般庶民では購入できない超高級車ですね。
いつか成功して購入しようと思います。

Sponsor Link