トヨタ アルファードが一部改良でオーダーストップ!?改良内容は?生産開始日は?

シェアする

トヨタ・30系アルファード

2017年12月25日のクリスマスマイナーチェンジが行われたトヨタ自動車TOYOTA)の30系アルファードALPHARD)が、早くも一部改良するという情報を入手しました。

今回は、一部改良の内容、改良後の生産開始日、現行アルファードオーダーストップについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

エグゼクティブラウンジの改良内容

天井イルミネーションの金属加飾レス化

エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)の天井イルミネーションの金属調加飾のレス化が行われます。

一部改良前の天井イルミネーションには、金属加飾(上記画像)が施され高級感漂うインテリアとなっています。

しかし、今回の一部改良で、この金属加飾がなくなり、標準グレードと統一されてしまいます。

一部改良後の天井イルミネーションは下記の画像になります。

スポンサードリンク

標準グレードの改良内容

ICSの全グレード標準設定

一部改良前のアルファードには、メーカーオプションで装備可能となっている「ICSインテリジェンスクリアランスソナー)」が、今回の一部改良で、全グレード標準設定となります。

デジタルインナーミラーとBSMをセットオプション化

一部改良前では、BSMブラインドスポットモニター)」は、エグゼクティブラウンジ又は、メーカーナビゲーションとの抱合せで装備可能となっていました。

しかし、今回の一部改良で、デジタルインナーミラーとのセットプションとなります。

以前までは、メーカーナビとのセットであったため、高額オプションになっていたため、BSMを装着することを諦めていた方も多いのではないでしょうか。

今よりも低価格で、BSMが装着できるというのは嬉しいニュースですね。

スポンサードリンク

一部改良のスケジュール

現行モデルのオーダーストップ

一部改良を伴い、現行アルファードオーダーストップになります。

早ければ、7月中にオーダーストップになる予定になっているそうです。

一部改良の公式発表

一部改良の公式発表ですが、2018年11月1日(木)に行われるようです。

新型アルファードの生産開始

一部改良を盛り込んだ、新型アルファードの生産開始は、グレード別に開始日が異なるようです。

標準グレード:2018年11月1日(木)より生産開始

エグゼクティブラウンジ:2018年12月下旬より生産開始

まとめ

今回の一部改良内容は、安全装備の拡充に伴った、改良がメインのようですね。

また、エグゼクティブラウンジの改良については、コストダウンが目的とした改良に感じます。

また、納車待ちの方については、納車までの長い待ち時間と一部改良が重なることで、この改良に納得いかない方も多いのではないでしょうか。

BSMが欲しかった購入者は多いと思います。(私もその一人です。)

また最新情報を入手しましたら、続報としてお伝えしますね。

スポンサーリンク