【速報】トヨタ 30系アルファード・ヴェルファイアに重大リコール

シェアする

ALPHARD・VELLFIRE

トヨタ自動車(TOYOTA)が、製造販売を行っている大人気ミニバンにおいて、重大なリコールが発生しました。

平成26年から平成30年に生産したアルファード、ヴェルファイア アイドリングストップ搭載車の一部につきまして、平成30年5月23日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。

ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、トヨタ販売店からご案内させていただきますので、お早めに点検・修理をお受けいただきますようお願い申し上げます。

スポンサードリンク

リコール内容

電動パーキングブレーキにおいて、制御用コンピュータ電源回路の異常検出プログラムが不適切なため、バッテリが劣化しているとアイドリングストップから再始動する際の電圧低下を異常と判定することがあります。

そのため、警告灯が点灯して、電動パーキングブレーキが作動しないおそれがあります。

スポンサードリンク

改善内容

全車両、制御プログラムを修正します。

スポンサードリンク

リコール対象車

型 式 通称名 対象車の含まれる
車台番号
製作期間 対象車の
台数
備考
DBA-AGH30W アルファード
ヴェルファイア
AGH30-0001005~
AGH30-0178640
平成26年12月 8日~
平成30年 2月19日
9,386 アイドリング
ストップ
搭載車
DBA-AGH35W AGH35-0001001~
AGH35-0025649
平成26年12月 8日~
平成30年 2月22日
24,238
DBA-GGH30W GGH30-0020908~
GGH30-0022937
平成29年12月13日~
平成30年 2月26日
1,251
DBA-GGH35W GGH35-0006721~
GGH35-0007290
平成29年12月13日~
平成30年 2月23日
338

注意事項

1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれますので、詳細については最寄りのトヨタ販売店にお問い合わせください。

2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

スポンサーリンク