レクサス 新型SUVのレクサスUX誕生!C-HRのラグジュアリー化!?

シェアする

レクサスUX

トヨタ自動車TOYOTA)の高級ブランド「レクサスLEXUS)」は、新型クロスオーバーSUVの「レクサスUXLEXUS UX)」をスイスで開催されているジュネーブモーターショー2018にて、世界初公開をしました。

以前より、コンセプトカーの「UX Concept」が公開され、新型SUVの市場投入が噂されていましたね。

先行公開されていたコンセプトカーとは見違える完成度の高さに驚かざるおえません。

レクサスのSUV車といえば、レクサスLXレクサスRXレクサスNXがあります。

ボディサイズも大型・ミドル・コンパクトミドルのラインナップとなっています。

今回公開された新型レクサスUXにおいては、トヨタ自動車から発売されている大人気SUVの「C-HR」のプラットフォームを採用したコンパクトSUVになります。

それでは、レクサスUXについてご紹介させて頂きましょう。

スポンサードリンク

エクステリア

エクステリアは、「タフな力強さと俊敏な走りを想起させるエクステリア」をテーマに開発されました。

レクサスUX F SPORT

こちらが、レクサスUX F SPORTのエクステリアになります。

ぱっと見たところ、レクサスRX F SPORTと見間違えてしまいそうになりますね。

個人的に、F SPORTのエクステリアが、好きですね。

レクサスUX200

こちらが、レクサスUX200のエクステリアになります。

先ほどご紹介させて頂いた「F SPORT」とは、全く違う印象ですね。

レクサス車ならではのスピンドルグリルが、とってもよく似合いコンパクトSUVとは思えないほどのラグジュアリー感を漂わせていますね。

スポンサードリンク

インテリア

インテリアは、「ドライビングの高揚感を演出するコクピットと視覚的な開放感を両立したインテリア」をテーマに開発されました。

こちらが、インテリアになります。

ホワイトレザーにブラックの室内空間が高級感を醸し出しています。

メーターは、最新のTFT液晶ディスプレイを採用し、センターには大型液晶ディスプレイを搭載しています。

インテリアデザインに関しては、ユーザーによって好みが違うため、ブラック・ブルー・ダークサドルタンから選択できるようになっています。

スポンサードリンク

パワートレイン

レクサスUXのパワートレインは、新開発された「2.0L 直列4気筒直噴エンジン」、「2.0L ハイブリッドエンジン」がラインナップされるといわれています。

この新開発されたエンジンを搭載することで、レクサスらしい走行性能を最大限に引き立てることができるといわれています。

加速・減速時の運転操作がスムーズに行えるようセッティングされるようです。

次世代予防安全技術

新型レクサスUXには、第2世代の「レクサスセーフティシステム+A」が搭載されるようです。

従来までの「レクサスセーフティシステム」に、更なる安全機能を追加し、世界最高レベルの先進安全技術になります。

この安全機能を搭載することで、更なる事故の防止交通死亡者数の低減を目指し、ドライバーへのストレス軽減も同時に目指すと公表されています。

車両スペック

全長:4,495mm

全幅:1,840mm

全高:1,520mm

ホイールベース:2,640mm

タイヤ・ホイールサイズ:17インチまたは、19インチ

発売時期と予想価格

レクサスUXの発売時期ですが、2018年10月頃に発売されると噂されています。

また、車両本体価格ですが、レクサスUX200tが、おおよそ390万円程度からに設定され、レクサスUX250hが、おおよそ440万円程度に設定されると予想されています。

この車両本体価格で仮に発売された場合、乗出し価格は、約500万円程度からになると予想されます。

コンパクトSUVとは言っても、やはり高いですね。

現在のところ、公式には発表されていないため多少変更になることも考えられます。

また、続報が入りしだい、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク