トヨタ カローラ(COROLLA)フルモデルチェンジ後のデザインが見えてきた!!

シェアする

人気記事

トヨタ・カローラ

COROLLA

トヨタ自動車TOYOTA)が、1966年より製造販売を行っている大衆車カローラCOROLLA)のフルモデルチェンジ時期が近づいてきております。

カローラは、若い世代の方からすると、おじさんが乗るクルマのイメージが強いようですが、世界中で支持されているセダンの代表となる車でもあります。

日本以外では、東南アジア香港Hong Kong)・マカオモロッコ南アフリカなどでも人気のクルマなのです。

世界中で販売され、人気も高いカローラは、中古車市場でも値落ちの少ないクルマとして取引され、リセールバリューにも優れたクルマなのです。

スポンサードリンク

スパイショット

海外でテスト走行する次期型カローラと思われる車両が、スパイショットされました。

スパイショットされた新型カローラのミラーの位置に注目してもらいたい。

現在、販売されているクルマでは、見たことのない位置にサイドミラーがついているのです。

また、ヘッドランプユニットの形状が丸形になっていることも分かります。

昨今のクルマでは珍しい丸目のヘッドライトを装着しているのには、きっと理由があると思われます。

もしくは、ただのカモフラージュなのかもしれません・・・

フロントビューからの印象が大きく変わりそうな気がします。

リアビューについては、現行モデルからの正常進化といったところではないでしょうか。

あくまでもプロトタイプですので、市販化される頃には、大幅に改良されている可能性もありますね。

スポンサードリンク

フルモデルチェンジでの改良ポイント

1.新開発の2.0L直列4気筒ガソリンエンジンの搭載

2.新開発のプラットフォームのTNGAの採用

3.3ナンバーサイズへボディ拡大

4.現行モデルより室内空間の拡大

5.次世代Toyota Safety Senseの搭載

主に上記の改良ポイントが予想されています。

スポンサードリンク

エクステリア予想CG

インターネット上では、早くも新型カローラの予想CGデザインが出回っているようです。

残念ながら、フロントからの予想CGを見つけることができませんでした。

カローラ海外仕様から次期型デザインが予想できそうなので動画をはらさせて頂きました。

次期型カローラ予想スペック

スペック 新型カローラ
全長 4,410mm
全幅 1,735mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 1.5L 直4DOHC+モーター
最高出力 74ps/4,800rpm
最大トルク 11.3kgm/3600~4,400rpm
モーター最高出力 61ps
モーター最大トルク 17.2kgm
トランスミッション CVT
駆動方式 AWD
JC08モード燃費 40km/L
価格

新型カローラに関する情報が入りしだい、続報としてお伝えしたいと思います。