日産 GT-Rが年次改良され2018モデルになって新型GT-R誕生!エクステリアは?インテリアは?グレードと価格は?発売日は?

シェアする

人気記事

日産自動車が、大人気スポーツカースカイラインGT-Rの後継車種でもあるGT-Rが年次改良され新型GT-R2018が誕生しました。

今回は、一部改良された新型GT-Rについてご紹介したいと思います。


あわせて読みたいトヨタ新型スープラに関する記事はこちら
トヨタスープラが新型スープラとして蘇る!!

GT-Rとは?

GT-Rは、日産を代表する高級スポーツカーです。

現行モデルが発売される以前は、スカイラインGT-Rとして販売されており、圧倒的な人気で幅広いユーザー層で支持されています。

GT-Rは、2007年から販売されていますが、スカイラインとは全く違う車種として販売されています。

リアランプは、スカイラインでお馴染みの丸型4灯テールランプを継承しています。

この車種は、毎年モデルチャンジを行うイヤーモデル制を採用しており、年次改良が行われます。

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、2018年モデルの新型GT-Rのエクステリアになります。

年次改良が毎年行われるため、2017年モデルと何が変わったのか分かりません。

ヘッドライト横のウインカーレンズがクリアからオレンジに変更されています。

また、4本出しマフラーの色が、2017年モデルではシルバーでしたが、2018年モデルはブラックも追加されています。

スポンサードリンク

インテリア

高級スポーツカーGT-Rに相応しいインテリアになっています。

シート表皮は、高級本革のナッパレザーを惜しげもなく、1枚使いする贅沢なシートになっています。

シートステッチは、熟練職人手縫いで仕上げているそうです。

スポンサードリンク

オーディオ

全グレードに、8型モニターを装備した最新システムの日産コネクトSMを標準搭載しています。

このシステムでは、ナビゲーションはもちろん、オーディオ操作を音声で行うことが可能となっています。

また、スマホiPhoneなどの操作もブルートゥースを使用し、ハンズフリー操作が可能となっているようです。

更に、アップルCarPlayにも対応しています。

プレミアム以上もグレードには、BOSE製オーディオ11スピーカーが搭載されます。

高級車として音質にもこだわったようです。

グレード設定と価格

ピュア(PURE)

99,990ドル(11,424,557.43 円)

プレミアム(PREMIUM)

110,490ドル(12,624,255.93 円)

トラックエディション(TRUCK EDITION)

128,490ドル(14,650,558.29 円)

ニスモリミテッドベアリアビリティー(NISUMO Limited avallblllty)

175,490ドル(20,009,545.29 円)

日本円で約1,150万円から約2,000万円もします。

最安グレードでも、1,150万円ですから非常に高額なスポーツカーといえますね。

最安のピュアグレードには、BOSE製オーディオ11スピーカー、アクティブノイズキャンセレーションアクティブサウンドシステムチタン製エグゾースト非搭載することでコストダウンを図りましたが、それでも1,000万円超えは高いですね。

発売日

GT-R2018年モデルの発売日ですが、北米市場では、2017年11月3日に発売を開始しています。

日本での発売日は、現段階では未定となっているようです。

発売日が分かり次第、お伝えしたいと思います。


あわせて読みたいトヨタ新型スープラに関する記事はこちら
トヨタスープラが新型スープラとして蘇る!!