シェアする

BMW Z4がフルモデルチェンジ!!新型Z4のエクステリアが判明!?スパイショットも?ワールドプレミアは?

シェアする

人気記事

ドイツのBMW社が製造販売している人気スポーツカー「Z4」がフルモデルチェンジされ、「新型Z4」が誕生するという情報を入手しました。

トヨタスープラ」とプラットフォームを共有し日本車とドイツ車の兄弟車としても話題になっていますね。


あわせて読みたい兄弟車のトヨタ・スープラに関する記事はこちら
トヨタ スープラが新型スープラとして蘇る!!

スポンサードリンク

BMW Z4とは?

概要

「Z4」は、「ズィー・フォー」や「ツェット・フィーア」の愛称で呼ばれている「スポーツカー」になります。

ボディ形状は、「クーペタイプ」と「オープンカータイプ」が用意されています。

初代モデルの生産拠点は、「アメリカサウスカロライナ州スパータンバーグ」で製造されていました。

2代目モデルの生産拠点は、「ドイツ・バイエルン州レーゲンスブルク」で製造されていました。

スポンサードリンク

BMW Z4の歴史

初代BMW Z4 E85/E86

こちらが、2002年に誕生した「ロードスタータイプ」の「初代BMW Z4」になります。

先代モデルの「Z3」の後継車種として開発され市場へ投入されました。

2005年9月に開催された「フランクフルトモーターショー」にて「クーペモデル」の「Z4クーペコンセプト」が発表され、翌年に発売されました。

型式ですが、「E85」が「ロードスタータイプ」の型式になり、「クーペタイプ」が「E86」の型式にて管理されていました。

エンジンは、「2.2L 直列6気筒 DOHCエンジン」、「2.5L 直列6気筒 DOHCエンジン」、「3.0L 直列6気筒 DOHCエンジン」が、2003年から2006年まで搭載されていました。

2005年から2008年までは、「2.0L 直列4気筒 DOHCエンジン」を「Z42.0i」に搭載していました。

2006年から2009ねんまでは、「2.5L 直列6気筒 DOHCエンジン」、「3.0L 直列6気筒 DOHCエンジン」、「3.2L 直列6気筒 DOHCエンジン」が搭載されていました。

車両販売価格は、「443万円から837万円」で販売されていました。

このモデルは、2003年から2008年まで製造販売されていました。

2代目BMW Z4 E89

2008年にフルモデルチェンジが発表され、2009年1月に開催された「デトロイト北米国際自動車ショー」にて正式デビューした「2代目BMW Z4」がこちらになります。

初代Z4では、「クーペモデル」と「ロードスターモデル」が分かれていましたが、このモデルより「クーペカブリオレ」としてモデルが統一され、「リトラクタブル式ルーフ」を採用しました。

エンジンは、2009年から「2.5L 直列6気筒DOHCエンジン」がラインナップされていましたが、2011年で廃止となりました。

それ以外は、「2.0L 直列6気筒DOHCターボエンジン」、「3.0L 直列6気筒DOHCターボエンジン」がラインナップされています。

2016年時点での車両販売価格ですが、「sDrive20i」が518万円、「sDrive35i」が726万円、「sDrive35is」が850万円にて販売されていました。

このモデルは、2009年から2016年まで製造販売され、その後生産終了しています。

スポンサードリンク