トランプ大統領の思惑通りトヨタ自動車がアメリカ工場に巨額投資

シェアする

Sponsor Link

ドナルド・トランプ大統領とは

2017年1月20日に就任した「第45代アメリカ合衆国大統領」である。
アメリカファースト(アメリカ第一主義)」を就任演説で唱えている。

大統領就任直後の1月27日には、一部の諸外国人をアメリカへの入国を禁止する「大統領令」は出したことでも話題を呼んだ。

つい先日の4月6日には、シリアのアサド政権が化学兵器(サリン)を使用したことを受け、地中海で待機していたアメリカ海軍の駆逐艦から「巡航ミサイルトマホーク」を59発発射し、アサド政権の施設を攻撃をしています。

Sponsor Link

どこのトヨタ自動車の工場が対象で投資額は?


アメリカのケンタッキー州にある「Toyota Motor Manufacturing, Kentucky, Inc」が巨額投資の対象工場となっています。

トヨタ自動車がこの工場に投資する額は、なんと「13億3,000万USドル」である。
日本円で「144,451,300,000円」と超巨額投資である。(1ドル 108.61円で計算)

今回の投資額は、ケンタッキー州の自動車会社での投資としては過去最大の投資額である。

自動車会社以外の業種も含めて見ても、過去2番目の投資額である。

Sponsor Link

投資目的は?


この13.3億ドルの投資で、トヨタ自動車全車にて取り組みを行っている「TNGA(Toyota New Global Architecture」の構造改革を行う。

この「TNGA」は、クルマの基本性能や商品力を大幅な工場を目指す改革である。

この投資では、設備の更新や最新の塗装工程を導入などを行い最新化を図り、より効率的な工場を目指すと話している。

ケンタッキー州の工場でアメリカで初めて生産される「新型カムリ」に「TNGA」を採用するとも話しています。

Sponsor Link

今後の投資と発表

トヨタ自動車が、過去60年以上で約220億ドルの投資を行ってきた。
今後5年間でアメリカへ対して、100億ドルの投資計画を公表している。
北米トヨタCEOの「ジム・レンツ」によると、「もっといいクルマづくり」をしていくと発表している。

Toyota Motor Manufacturing, Kentucky, Inc.の社長の「ウィル・ジェームス」は、「今回の投資は、従業員の技能、製品が高品質であることの証」の結果が投資に繋がったと話している。

雇用状況・生産について

新型カムリの立ち上げに向けて、700人以上の追加雇用を行っている。
今回の追加雇用により、従業員数が8200人になるといわれている。

この工場では、50万台以上を生産しています。
北アメリカで生産されている4分の1の台数に及びます。

政治家たちの関心

アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領

「ケンタッキー工場へ13億ドルを投資するというトヨタの決定は、現政権下において、製造業が経済環境の大幅な向上に自信を持っていることを改めて示すものである。また、最近の全米製造業者協会による2017年展望調査において、楽観的な見通しを示した製造業者の割合が数か月前より37%上昇し、現在93%となっている結果に同調するものである」

ケンタッキー州選出のミッチ・マコーネル上院議員

「本日の発表は、ケンタッキー州の経済や労働者にとって歓迎すべきニュースである。トヨタは30年以上にわたり、同州への貢献を続けてきた。今回の投資は、世界有数の自動車産業集積地としての同州の地位を強固なものにし、地域経済を成長させていくというトヨタの変わらぬ決意を示している。トヨタの皆さん、特に何千もの勤勉なケンタッキー工場従業員の皆さんに祝辞を申し上げたい」

ケンタッキー州選出のランド・ポール上院議員

「ケンタッキー州にとってトヨタは大切な財産であり、トヨタがケンタッキー工場への投資を通じ、雇用への貢献を続けると決定したことは素晴らしいニュースである。さらには企業の成長や事業革新にとって、同州が最適なロケーションであるとの確信を反映したものでもある。トヨタの新たな取り組みを祝福するとともに、同州がこのような投資による経済成長や景気拡大の恩恵を享受しつづけられるよう、企業活動に優しい政策の推進に引き続き議会で尽力していきたい」

ケンタッキー州のマット・ベビン知事

「グローバル企業であるトヨタによる13.3億ドルもの投資は、世界最高レベルの品質で米国製の車を生産するという同社の決意を改めて示している。今回の決定は、仕事に勤勉かつ熱心に従事するケンタッキー工場従業員の尽力の賜物であり、トヨタが同州での生産事業に強みを感じている証である。ケンタッキー州が米国において優れた技術・生産拠点であると示されたことをうれしく思う」

ケンタッキー州のテリー・ギル経済開発局長官

「ここ30年でのトヨタの貢献で、州内の様々な地域社会の街並みが変わってきた。今回の大型投資による波及効果は、こうしたトヨタの中長期的な取り組みや、米国での自動車製造をリードする同州の地位をさらに強固なものにしていくだろう」

まとめ

今回のトヨタ自動車の巨額投資については、アメリカの政治家たちからは評価されているようですね。
しかし、トランプ大統領の発言での影響が凄すぎますね。

Sponsor Link